少数派・・・

いよいよ平昌オリンピックが開幕しました電球 今回のオリンピックでは、我々にどんな感動を与えてくれるでしょうか…。とても楽しみにしておりますが、ただ冬季オリンピックが開催される度にちょっと気になる点がありまして…。それは、あまりにも危険な競技が多過ぎるのではという疑念でありますアセアセ  古くからあるスキージャンプなどは 非常に危険な競技でもあるのですが、既に世界中から認められている事もあり、私たちの目にしても もはや慣れっこになってしまいました。

 

しかしながら、スノーボードのハーフパイプ、フリースタイルスキーのモーグルなどの、身体を宙に舞いながらアクロバット的な演技をする競技は危険度が極まりないと感じる次第です。そもそもスキー競技にアクロバット的な身体技など必要でしょうか❓ まあ、見ている側にとっては、非常にスリル満点で面白い競技と感じますが、選手本人にとっては まさに命懸けのように感じます。

 

それに上記競技のアクロバット化は 年々難易度が増すばかりときていますあせ いくら雪の上とはいえ、いつかは首の骨を折る選手が出たり 最悪 死者が出たって不思議ではありません。スノーボードのハーフパイプなどは、Xゲームズというアメリカでの大人気スポーツのひとつして もてはやされています。何も国際色豊かな世界的イベントであるオリンピックで、これほど危険なスポーツを正式種目として認めていることに違和感を感じるのです汗

 

今後、このままエスカレートしていけば、いずれスキージャンプの競技にもアクロバット化が求められる時代が来るかもしれません…。しつこいですが、見ている側にとっては確かに面白いかもしれませんが、もし この様な競技で死者が出たりすればオリンピックの精神にも大いに反するというものですひやひや  まあ オリンピック自体、ここ近年ショービジネス化になってきている今、この様な意見は やはり少数派に分類されてしまうのでしょうね…汗

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

 

 


マックとコラボ・・・

今日はスマホのバッテリーを交換する為、桜木町へ足を運びました…。丁度 昼時を狙って予約を入れたのですが、それには大きな❓理由が隠されていたのですたらーっ  それは普段 殆ど行くこともないマクドナルドで昼食を取る為でしたき バッテリー交換で所要する待ち時間が約30分〜1時間ぐらいとの事…。

 

マックで昼食するにはグットタイミングということになります電球 え?何でマック?と思われる人も きっといらっしゃるかと思われます。健康を非常に気にする身としては、ジャンクフードの代表格であるマックはご法度のはずです…。それなのに何でマック?と その理由を明かしますと、それはスマホゲーム「逆転オセロニア」が、限定期間中にマクドナルドとコラボするという企画に参加するためだったのです。

 

店舗内で「逆転オセロニア」をプレーすると、期間限定キャラがゲット出来るという仕組なのです。あくまでもマクドナルドの店舗内でしか そのキャラをゲット出来ないというのがミソでありますあせ さらにマクドナルドの店舗内で 運良く対戦相手が見つかったりすると、その相手とプレーしただけでキャラの強化素材をタダでくれるという太っ腹な企画でもあるのですき

 

現在、ダイヤモンドクラス2まで昇格したオヤジオセロニアンとしては、この企画に参加しない理由など見つけられるはずもなく…。いざランドマークプラザのマック店でプレーをしてみたのでした電球 ちなみにマック杯コロシアムでは、最低5勝を達成しなくては 限定キャラをゲットすることが出来ないルールとなっています。

 

ところが2戦を消化したところで、戦績は1勝1敗 所要時間は30分も掛かってしまったのですアセアセ このペースで行くと、目標である5勝を達成するまで楽に2時間以上も掛かる計算となってしまいますあせ さすがに仕事中なので そこまでの時間は掛けれませんアセアセ そこで本日の限定キャラゲットは渋々諦めて 後日チャレンジすることに…汗

 

それにしても マックの店舗内において周囲を見渡すと、スマホをいじっている人は多く見掛けても さすがにタブレットでゲームをしている人間は私ぐらいだったのでは❓ 目的遂行のためには、一時の恥ずかしさも封印しなくてはならないのです。とりあえず今日のメニューは、食べたくもない新メニュー「チキンタツタ」のセットを頼んでみました…ひやひや 

 

実はこの新メニューの箱に記載してあるQRコードを読み取ると、これまた「逆転オセロニア」の新キャラがタダで貰えるという報酬が目当てだったのです電球この感覚は子供の頃、仮面ライダーカードが欲しいばかりに 不味いライダースナックを買いあさっていたのと非常に似ているような気がしますたらーっ 

 

しかしながら、よくよく考えてみると 今回の限定キャラや新キャラは あくまでも記念キャラのようなもので、私がダイヤモンドクラスを維持する力になってくれるようなコマではないのです…ひやひや そんなコマの為に、食べたくもないマックへ今後も行くのかと思うと 少々複雑な心境でもありますたらーっ  実は今、マックを食べた影響なのか 胃がもたれて気分が非常に優れませんひやひや 今回のコマは さすがに諦めましょうかね…アセアセ

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム

 

 

 

 

 

 


救急車呼んでください・・・

今朝、自宅マンションの駐車場に向かう途中、見知らぬ80歳前後のお婆ちゃんが私に声を掛けてきました。「救急車呼んでください…」といきなり言ってきたので、私は「どこが悪いのですか?」「このマンションの住民の方すか?」と問うと「よく分からない…」と発言するのです。そして、またもや「救急車呼んでください…」と繰り返すばかり…アセアセ

 

お婆ちゃん本人は それなりに元気そうで、身なりにしても暖かそうなダウンを着用して割と小奇麗な恰好です。何処から見ても普通のお婆ちゃんで、とても緊急を要する雰囲気ではありません…あせ 私は「どうして救急車を呼びたいの?」と、さらに問いかけると「よく分からない、救急車を呼んでください…」との一点張りです。仕方なく「こっちは急いでいるので、救急車を呼びたければ自分で連絡してよ…」と冷たく言い放し、そのまま車に乗り込んでしまったのです…。

 

それでも運転中、か細い声で「救急車呼んでください…」と懇願するお婆ちゃんの姿がどうも頭にチラつく為、自宅にいる家内に連絡をして、ちょっと様子を見に行くように頼んだのです。しばらくすると 家内から折り返しの連絡があり、マンションの駐車場に救急車が到着していることを確認した模様…。でも、特段サイレンを鳴らしているわけでもなく 緊急を要する事態ではなかったのでは?との報告でした。それを聞いて 取り合えず安心はしたのですが…汗

 

おそらく気の優しいマンションの住民の方か それとも管理会社に勤務する掃除の女性が、私が去った後に お婆ちゃんの様子を見かねて仕方なく救急車を呼んだものと推測します。そこで皆さんに問いたい事がありますあせ  私が今朝 取った行動は、果たして冷たい人間の行動だったでしょうか? 皆さんだったら どんな行動を取られていたでしょう? 朝から非常に複雑な心境に陥っております…ひやひや  そして「救急車呼んでください…」お婆さんの か細い声が夢の中に出てくれないことを祈るばかりです汗

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

 

 


真の世界チャンピオン・・・

昨日、ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチが行われましたが、チャンピオンの比嘉大吾選手の強さはハンパではありませんでしたき あのモンスター井上尚弥選手にも勝るとも劣らない、まさに日本が誇る真の世界チャンピオンに成長してくれたものです電球同じ階級の 井岡選手が引退を選んだのも十分に頷けるものがありますあせ

 

比嘉選手の ひたすら攻め続けるファイティングスタイルは、ボクシング好きでない人が見ても きっと心が奪われるはず…。和製ロマゴンとの呼び声が高い彼ですが、今や本家ロマゴンは連敗中で商品価値が下がってきている今、もっと彼に相応しい あだ名をつけてあげてほしいものです。

 

それにしても、デビュー戦から続く彼の連続KO勝利は 一体いつまで続くのでしょうか? 本当に興味が尽きないボクサーです。いずれ彼は、必ずや世界的にも有名なチャンピオンとして名を轟かすはずですき 昨日、K-1の件ではガッカリさせられましたが、昨日の比嘉選手のボクシングを見て、あらためて格闘技の素晴らしさを実感した次第です…ラッキー

 

JUGEMテーマ:ボクシング


内紛騒動・・・

格闘技団体のK-1で、またもや内紛騒動が起こった模様…アセアセ 来月、K-1の看板選手である武尊選手が3階級目のタイトルを目指し、現スーパーフェザー級王者の大雅選手と試合が組まれていたのですが、大雅選手の所属するTRY HARD GYMとK-1サイドの間て契約トラブルが発生したとの事…あせ  その結果、タイトル戦は急遽中止となり大雅選手のベルトも剥奪となってしまったのです。

 

K-1サイドはTRY HARD GYMに法的措置も検討するとの事…。当の大雅選手は31日の夕方から2月1日の昼にかけて小さい世界に居たくない。アホくさっ」「本当に笑わせてくれる(笑)」「選手はみんな試合に向けて命削って頑張ってる。お前らの道具じゃねーよ。今に見てろよ」と、K-1サイドへの不満を示唆する3ツイートを投稿しています。果たしてこの発言は、一体どんな意味をもたらしているのでしょう❓

 

数年前も、当時K-1プロデューサー兼チームドラゴンの会長である前田氏が、急にK-1サイドから解雇されたかと思えば 当時チームドラゴンに所属していた武尊選手はじめ数十人のスター選手が一気にジムを辞めて新しい現在のジムを設立したことがありました。まだまだ世界的には無名に近いK-1の内紛騒動は、格闘技ファンからすると一気に熱が冷めてしまいますがく〜  本当に情けない限りですあせ

 

TRY HARD GYMには 大雅選手の他にも有望で強い選手が数人所属していますが、当然その選手たちも 今後K-1主催の試合には出れなくなるわけです。そうなると、那須川天心選手が主戦場とするRISEやKNOCK OUTに移籍することも十分に考えられるわけで…。もし それが現実となれば、過去 武尊選手に2連敗している大雅選手が那須川天心選手と戦うことだって有り得るのです電球 たとえ結果は分かりきっていても、想像するだけでゾクゾクしてきます。

 

それにしても、常に那須川天心から逃げ回っているK-1ですが、今回の内紛騒動によって格闘技団体しての終焉が近づいてきたのかもしれません…あせ 現在、K-1に関してはCSやネット放送で無料視聴が可能ですが、RISEやKNOCK OUTも今の有料視聴から無料視聴に切り替えれば、間違いなくK-1を凌ぐ人気となることは明白です。そして個人的には、もうK-1の試合は見たくありませんね…がく〜  武尊選手にしても、井の中の蛙になってもらいたくありませんあせ

 

JUGEMテーマ:格闘技全般

 

 


複雑な心境・・・

日々、熱いバトルを繰り広げでいる「逆転オセロニア」のダウンロード数が ついに1,800万人を越えたとの事です。そこで、ふと思うことがあります…。1,800万人の内、約3分の2の人が無課金でゲームを楽しんでいるとして、私のような課金者が約3分の1いるものとします。ちなみに1ヶ月あたりの課金としては、私で10,000円から15,000円ぐらいなので、それ以上課金している人は かなりいるものと思われます。

 

逆に月平均1,000円ぐらいの課金で抑えている人もいるでしょう…。1,800万人の3分の1は600万人なので、1人当たりの月平均課金を3,000円ぐらいに設定することにします。すると、今さらながら驚くべき数字が算出されてしまうのです! 何と月の売上は、単純計算で180億円となってしまうではないですか…唖然  年間だと2,160億円の売上となってしまうのです。

 

この数字って凄くないですか? たかがスマホゲームですよ…。それなのに運営会社DeNAの発表では、2017年4〜9月期の連結業績において売上高が733億円、営業利益が136億円との事なのですアセアセ もちろん莫大な広告経費やシステム開発経費もハンパでないのは理解出来ます。しかしながら、半年間の売上高が まさかの733億円とは俄かに信じ難いものがあるのですが…あせ

 

間違いなく、相当の内部留保や経営者の個人資産に消えているものと推測されます。それとも我々ゲーマーの知らないところで、暗く深い闇がゲーム業界に潜んでいるのでしょうか❓ いずれにせよ、ここ当分はDeNAの売上アップに貢献していくのかと思うと、少々複雑な心境にもなります…たらーっ

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム

 


優柔不断・・・

今朝、小泉今日子が自身のホームページで不倫交際を認めたというニュースが報道されていました。朝は必ずTBS派なのですが、この件のニュースでは各々のコメンテーターが結構肯定的な意見を述べていました…。さらに番組内では、待ちゆく人々に街頭インタビューも試みておりましたが、小泉今日子なら許せるといった意見が多かったのにビックリ!若干の違和感を覚えつつも、やはり小泉今日子の人徳は凄いもんだ…と勝手に納得してしまいましたアセアセ

 

ところが会社に到着して、あらためて このニュースをネットで調べると、多数のネット住民が小泉今日子に対して怒りを爆発させているではないですか…汗 今朝の肯定的な意見が多かった番組を見た際、若干の違和感を覚えた私の感覚は どうやら間違いではなかったようですたらーっ  あらためて人間(特に私…)は、メディアの論調に流されやすい生き物であると実感する次第ですあせ 

 

それにしても有名人の不倫に対する論調が、先日の小室氏の件によって 週刊誌の在り方にパッシングを受けている最中、ここぞ!とばかり不倫関係を発表するタイミングには姑息さを感じます…。小泉サイドとしては、今の人気があれば たとえ不倫関係を発表しても、その潔さと持ち前のキャラで世間は受け入れてくれるという自信でもあったのでしょうか❓

 

そうだとしたら完全に読み違いをしたものと思われます…。一般的に有名人の不倫な関しては、どうぞお好きにしてください…という気持ちを常に持っておりますが、さすがに不倫を堂々と発表するスタイルには嫌悪感しか抱きませんあせ このまま不倫相手の俳優共々、メディア等から一切消えてくれることを切に願うばかりです。私自身にしても、メディアやネット住民の意見によって コロコロ考え方が変わってしまう優柔不断な性格から卒業したいものです…ひやひや

 

JUGEMテーマ:小泉今日子


野球界の噂・・・

奥さんと自分の名誉が侵害されたとして横浜DeNAベイスターズの井納翔一投手(31)側が、ネットに書き込んだ女性に191万9686円の損害賠償を請求した…というニュースを知って少々ドッキリさせられましたアセアセ どうやら女性が書き込んだネットサイトは「野球界の噂」という掲示板との事…。

 

女性も匿名で井納投手の奥さんの悪口を投稿したはずだったのに、まさか投稿した本人が特定されてしまうとは青天の霹靂だったに違いありませんあせ 当ブログでも、これまで燕選手らを誹謗中傷した内容を数えきれないぐらい投稿してきました…あせ まさか燕関係者の誰かが、何らかのカタチで当ブログの存在を知ってしまったら…唖然 ふと そんな事を考えてしまうようなニュースでしたあせ

 

しかしながら、当ブログでの燕選手に対する数々の誹謗中傷は、あまりにも燕球団を愛するがゆえの 単に愛情の裏返しでしかありません。本気でそう思って投稿しているわけではなく、あくまでも叱咤激励の意味を込めてのことでした…。くれぐれも誤解のないように願いたいものです。

 

特に上田選手、比屋根選手、武内選手、石川投手、成瀬投手、畠山選手の面々には今シーズンの大活躍を心から期待しているところです電球 そして、人間力の塊である小川監督の見事なる采配も早く見てみたいですき そして最後に、このメッセージを本音で言っているかどうかは、あくまでも皆さまのご判断に委ねたいと思っています…たらーっ

 


電撃復帰・・・

今朝のネットニュースを見てビックリエクステンション メジャーリーグで頑張っていた青木選手がスワローズに電撃復帰エクステンション 俄かに信じ難いニュースでしたが、あらためて内容を確認すれば ほぼ決定的のような雰囲気ですき もしかして村田選手獲得に動かなかった理由に この件が絡んでいたのでしょうか…。

 

3年10億という契約内容には いささか疑問を感じますが、彼がレベルの高いメジャーリーグで経験したことを 燕の選手たちに伝え広めてくれることは、間違いなくチームにとってプラスの要因として働くものと思われます。懸念材料としては、彼が外野手ということですアセアセ  現在、燕の外野手には坂口選手、バレンティン選手、雄平選手という3人のレギュラー候補が存在します。

 

この3人のうち 誰をスタメンから降ろすのか? それとも この3人の誰かにファーストの練習をさせるのか? 確か数年前のオープン戦、バレンティン選手にファーストを守らせて失格の烙印が下ったことを考えると、雄平選手をファーストにコンバートしたほうが現実的かもしれませんが…。いずれにせよ、燕ファンにとって 大きな楽しみが ひとつ増えたことに変わりありません電球

 

とにかく青木選手には、チームの精神的支柱の役割を果たしてほしいと思います。おそらく皆が期待するほど そんなに打てないような気がしますアセアセ 守備にしても抜群に上手いわけでもなく、年齢にしても既に峠を越えてしまった選手です…汗 2年3億ぐらいが妥当な数字だったのでは?

 

実は元々、燕ファンでありながら 青木選手はそんなに好きな選手ではありませんでした。8〜9年前の当ブログでも、青木選手に対する不平不満を散々ブチ撒いていたような記憶が残っていますたらーっ まあ、戻ってくるなら しっかり年俸分の仕事をして、私のようなアンチ青木の燕ファンをギャフンと言わせてほしいと願っています電球

 

 

 

 

 

 


正真正銘のレジェンド・・・

各々スポーツ界には「レジェンド」とか「生きる伝説」と呼ばれている英雄が存在するものです。しかしながら その一方、そう呼ばれている選手の今の成績を見れば、やはり年齢の影響なのか 今ひとつ芳しくないのが実状ではないでしょうか…。中には、ただ現役生活が長いだけで そう呼ばれる選手も少ないないように感じますあせ

 

でもテニス界のロジャー・フェデラー選手だけは、正真正銘の「レジェンド」であり「生きる伝説」と呼ばれるに相応しい唯一無二の人間かと思われます。昨日の全豪オープンテニスでは 見事なる感動の優勝を果たしましたが、その年齢が36歳というのは まさに驚愕の一言です。男子テニス界において、全盛時の年齢といえば22歳〜30歳ぐらいが相場のはずです。

 

普通36歳のテニスプレーヤーが、四大メジャーの大会で1回勝つことでさえ大変なことなのに、去年の復活劇に続き またもや優勝をするのですから、もはやフェデラー選手は化け物の域を越えてしまった超化け物としか思えません。しかも、昨日の優勝で 四大メジャー20回目の優勝となるのです。

 

テニスプレーヤーにとって、四大メジャーに出場するだけでも大きな夢の達成であり、もし一度でも優勝しようものなら、一生涯 テニス界 いやスポーツ界の歴史に名が刻まれることになるのです。そんな大変な偉業を20回も達成するテニスプレーヤーなんて、果たして今世紀中に現れるのでしょうか?

 

その可能性がある唯一のテニス選手は、現在31歳のナダル選手しか存在しないのですが、それにしてもフェデラー選手とナダル選手といった あまりにも偉大な英雄が 2人同時期に存在するスポーツ界って他にあるでしょうか❓ 数年前、当ブログでは テニス界で当時のビッグ4(フェデラー・ナダル・ジョコビッチ・マレー)より、年齢の若い錦織選手の方が先に衰えるという趣旨の発言をしたことがありますが、まさに今 それが現実となってしまったことに関しては一抹の寂しさも感じています…アセアセ

 

JUGEMテーマ:男子テニス

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM