<< 辞任・・・ | main | 今後10日間・・・ >>

ロッタン・・・

昨日、燕がセ・パ交流戦を制した喜びもつかの間、夕方以降は ほぼK-1とRISEのキックボクシングを見て楽しんでいました…。数多い試合の中でも、やはり那須川天心の試合は別格です。他の試合とは技術レベルが違い過ぎるのです。あの神童 那須川天心が、タイのロッタン選手に激しく追い込まれるシーンでは、ついに天心が初敗北を喫すると誰もが思ったのではないでしょうか❓

 

天心が どんなにベストショットのパンチをロッタンに浴びせても、半笑いの表情で どんどんと前に向かっていくロッタンの姿は まさにゾンビそのもの…。さすがの天心も後ろに下がることしか出来ず、その表情は見る見る蒼ざめていき 間違いなく弱気になっていることが伺えました。こちら側にしても、これほど追い込まれた天心を見るのは初めてです。

 

アンチ天心の立場としては、全力でロッタン選手を応援するしかありません…。ところが結果の方は天心の僅差なる判定勝ち。絶対に納得出来ません! 確かに有効打は天心が勝っておりましたが、ひたすら前進をしながら 終始攻め続けたロッタンのアグレッシブさを評価しても良かったのでは? 天心本人だって試合後に「試合に勝って勝負に負けた…」と率直な言葉を泣きながら述べていたのですから…。

 

RISE唯一のスター選手である天心に、敗北という文字をつけさせたくない運営の姑息さが見え隠れして 気分を非常に害してしまいました。天心はまだ19歳、このまま無敗で格闘技人生を終えられるとは到底考えられません。若いうちに敗北を経験していた方が、本人の為にもなると思うのですが…。それにしても、恐るべしは若干20歳のロッタン選手! 事実上、神童 天心に打ち勝った実力は本物です。特に打たれ強さに関しては、人間のレベルなど遥かに超えてしまっています。

 

もうRISEなどは見切って、次はK-1のリングで武尊選手との試合を実現出来ないものでしょうか❓武尊VS天心が大人の事情で実現不可であれば、強いロッタン選手を物差しにして2人の実力差を図るしか術がないじゃないですか。でも、昨夜のロッタン選手を見てしまったら、K-1だって危険な選択は選べないでしょうね。看板選手の武尊選手を守りたいはずなので…。

 

誰が一番強いのかを知りたい格闘技ファンにとって、このキックボクシング界の歪んだ構造を どうにかならないものでしょうか❓ ビッグマネーを生むボクシング界でさえ、本物同士の戦いが繰り広げられてるというのに、たかがマイナースポーツのキックボクシング界がお高く染まって何のメリットがあるのか❓ つくづく頭の悪い人が集まった業界と感じます…。

 

JUGEMテーマ:K−1


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM