化け物・・・

やはり那須川天心は、腐っても那須川天心でした…アセアセ 素人が見ても分かるぐらい相当に強い相手だったはずですあせ それでも天心選手は、苦戦しながらも しっかり判定勝利をもぎ取ったのです。本来、相手は2階級も上の選手でした…。もちろん試合は天心選手と同じ階級で行われましたが、前日計量のルール上 昨日の試合では明らかに体格が天心選手より一回り以上大きかったのは明白です。

 

それでも力負けをしないで、常に攻め続ける天心選手の姿勢には本当に驚かされるばかり…あせ もはやキックの世界では、彼に勝てる人間など到底現れないことが この試合でハッキリしたようです。一日も早く、キックの世界からボクシングの道へと進むべきと感じます。そして今後に関しては、キックでの天心選手なら もう見たくありませんアセアセ

 

結果の分かりきった試合を見るほど こちらも暇ではありませんので…たらーっ  少しでも天心選手の敗北を期待していた自分がバカでした…あせ 彼が選手としてピークにあたる20代になったら、一体どんな化け物に進化してしまうのでしょう❓ ボクシング界のモンスター、あの井上尚弥選手でも もしかして彼に勝てないのでは❓ そんなクレージーな妄想をしてしまうぐらい、今の天心選手が 誰かに負ける姿など とても想像が出来ません…あせ 本当に末恐ろしい19歳です唖然

 

JUGEMテーマ:格闘技全般

 

 

 

 

 

 

 

 


KNOCK OUT・・・

今のところ、オリンピックでの日本人選手のメダル獲得は まだのようです…。おそらく今夜あたりに、最低 誰かしらがメダルを獲得したという嬉しいニュースが流れるものと思われます。しかしながら、格闘技ファンとして今夜ばかりは 別のイベントに大注目をしていところです電球それは 那須川天心選手が出場する「KNOCK OUT」というキックボクシングのイベントであります。

 

実は今回 天心選手の対戦相手は、過去史上最強との触れ込みが非常に高いタイ人選手なのです。リーチ差にしても天心選手とは相当の差があり、過去の戦績にしてもメジャーなムエタイボクサーを次々と血ダルマにしていますき  今回ばかりは、さすがの天心選手も相当ヤバいのでは…❓ 嬉しいことに、今大会はネットで無料配信されるとの事なので、じっくりテレビで観戦することが出来ます電球

 

ボクシングの大橋会長が「天心ならボクシングに転向しても、プロ3戦目で世界チャンピオンになれる…」との発言を知った時、ボクシングの専門家から見ても、やはり天心選手は格闘技界の化け物であることを再確認させられたものですあせ もはや、K-1の武尊選手などと同じ土俵に上げられるレベルではなく、今やモンスター井上尚弥選手の領域にまで足を踏み入れているのかもしれませんアセアセ

そんな天心選手が初めて負けるかもしれない…。そう思うだけで 胸がワクワクします電球 

 

過去において、どんなに強い有名なキックボクサーでも、無敗で引退をするケースなど皆無でした。それはボクシングとは違い ルールが3ラウンド制の為でもあります。ボクシングなら序盤に苦戦しても、後半のラウンドで逆転する可能性は十分に残されますが、キックボクシングの場合 序盤で苦戦してしまうと、相手をノックアウトするしか勝つ術がなくなってしまいます。

 

3ラウンド制のルールでは、いくらキックボクシングとはいえ 相手をノックアウトするには相当のスキルが必要となるので、自然に判定決着が多くなるのが現実です。ところが天心選手の場合、この厳しい3ラウンド制のルールで23戦中23勝19KOという驚異的なレコードを残しているからこそ、神童と呼ばれる所以なのです。日本人としては そんな天心選手を応援したい気持ちはあるのですが、ここまで化け物的な強さを見せつけられてしまうと、今夜は天心選手の初敗北を期待するしかないのです…。

 

おそらく多くの格闘家も天心選手の敗北を大いに期待しているのでは❓ 特にK-1の武尊選手の思いは相当強いはずです。つくづく天心選手を見て思うことは、あまりにも圧倒的に強過ぎてしまうのも考え物だということですあせ  日本人気質としては、危うい場面を乗り越えながら ようやく勝利を手中に収める選手の方に心が奪われてしまうのです。むしろ今夜、初敗北を喫してくれた方が 人間らしくて今より人気も上がるのではないでしょうか…汗

 

JUGEMテーマ:格闘技全般


真の世界チャンピオン・・・

昨日、ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチが行われましたが、チャンピオンの比嘉大吾選手の強さはハンパではありませんでしたき あのモンスター井上尚弥選手にも勝るとも劣らない、まさに日本が誇る真の世界チャンピオンに成長してくれたものです電球同じ階級の 井岡選手が引退を選んだのも十分に頷けるものがありますあせ

 

比嘉選手の ひたすら攻め続けるファイティングスタイルは、ボクシング好きでない人が見ても きっと心が奪われるはず…。和製ロマゴンとの呼び声が高い彼ですが、今や本家ロマゴンは連敗中で商品価値が下がってきている今、もっと彼に相応しい あだ名をつけてあげてほしいものです。

 

それにしても、デビュー戦から続く彼の連続KO勝利は 一体いつまで続くのでしょうか? 本当に興味が尽きないボクサーです。いずれ彼は、必ずや世界的にも有名なチャンピオンとして名を轟かすはずですき 昨日、K-1の件ではガッカリさせられましたが、昨日の比嘉選手のボクシングを見て、あらためて格闘技の素晴らしさを実感した次第です…ラッキー

 

JUGEMテーマ:ボクシング


内紛騒動・・・

格闘技団体のK-1で、またもや内紛騒動が起こった模様…アセアセ 来月、K-1の看板選手である武尊選手が3階級目のタイトルを目指し、現スーパーフェザー級王者の大雅選手と試合が組まれていたのですが、大雅選手の所属するTRY HARD GYMとK-1サイドの間て契約トラブルが発生したとの事…あせ  その結果、タイトル戦は急遽中止となり大雅選手のベルトも剥奪となってしまったのです。

 

K-1サイドはTRY HARD GYMに法的措置も検討するとの事…。当の大雅選手は31日の夕方から2月1日の昼にかけて小さい世界に居たくない。アホくさっ」「本当に笑わせてくれる(笑)」「選手はみんな試合に向けて命削って頑張ってる。お前らの道具じゃねーよ。今に見てろよ」と、K-1サイドへの不満を示唆する3ツイートを投稿しています。果たしてこの発言は、一体どんな意味をもたらしているのでしょう❓

 

数年前も、当時K-1プロデューサー兼チームドラゴンの会長である前田氏が、急にK-1サイドから解雇されたかと思えば 当時チームドラゴンに所属していた武尊選手はじめ数十人のスター選手が一気にジムを辞めて新しい現在のジムを設立したことがありました。まだまだ世界的には無名に近いK-1の内紛騒動は、格闘技ファンからすると一気に熱が冷めてしまいますがく〜  本当に情けない限りですあせ

 

TRY HARD GYMには 大雅選手の他にも有望で強い選手が数人所属していますが、当然その選手たちも 今後K-1主催の試合には出れなくなるわけです。そうなると、那須川天心選手が主戦場とするRISEやKNOCK OUTに移籍することも十分に考えられるわけで…。もし それが現実となれば、過去 武尊選手に2連敗している大雅選手が那須川天心選手と戦うことだって有り得るのです電球 たとえ結果は分かりきっていても、想像するだけでゾクゾクしてきます。

 

それにしても、常に那須川天心から逃げ回っているK-1ですが、今回の内紛騒動によって格闘技団体しての終焉が近づいてきたのかもしれません…あせ 現在、K-1に関してはCSやネット放送で無料視聴が可能ですが、RISEやKNOCK OUTも今の有料視聴から無料視聴に切り替えれば、間違いなくK-1を凌ぐ人気となることは明白です。そして個人的には、もうK-1の試合は見たくありませんね…がく〜  武尊選手にしても、井の中の蛙になってもらいたくありませんあせ

 

JUGEMテーマ:格闘技全般

 

 


大相撲・・・

大相撲も勝負に徹したスポーツというジャンルで良いんですよね? それなのに横綱の場合、かち上げや張り手といった行為が批判の対象となるのは何故でしょう? 対戦相手をドシっと受け止めてから戦うのが 横綱らしい相撲と言うのでしょうか? そもそも大相撲って、勝ち負けが優先されるスポーツのはずです。

 

勝ち進めば番付が上がり、負けが込めば番付が下がる…。とてもシンプルなスポーツと思っていたのですが…あせ 個人的に白鵬は嫌いな力士なのですが、あくまでも横綱らしい相撲を求める横綱審議委員会の姿勢にも若干の違和感を抱きますアセアセ そもそも横審のメンバーはお偉い財界人の集団であって、相撲に関してのプロは皆無じゃないですか…。

 

確かに伝統を重んじる国技であることに異論はありませんが、あまりにも古い体質に固執し過ぎるのも いかがなものでしょう…。今場所、白鵬の途中休場のニュースを見て 些か気の毒に思った日本人も多かったのでは? どうしても横綱に横綱らしい相撲を求めたいのであれば、いっその事 かち上げと張り手も禁じ手に加えるべきだと思うのですが…。

 

常にガチの勝負を期待する格闘技ファンにとって、相撲界には ちょっと異質な部分を感じずにいられません汗 ちなみにヤフースポーツのジャンル分けでは、相撲は格闘技ではなく 当然ながら大相撲というジャンルに分類されています。やはり相撲は日本人にとって、国技というだけあって特別な競技なのでしょうか?

 

JUGEMテーマ:格闘技全般

 

 


亀田氏の相手・・・

ボクシング界から引退した亀田興毅氏が「やり残した相手がいるので 出来るのであれば もう一回リングに上がろうと思います」とアメバTVで発言したとの事…。現役時代、ボクシングファンを愚弄するかのような試合とマッチメークを繰り返してきた彼が、今さら誰と試合をすると言うのでしょう?

 

せっかく引退後、タレントとしてのイメージアップを成功させたのに、またもやボクシングファンをガッカリさせるマッチメークを考えているのでしょうか? しかしながら、亀田氏が対戦相手に誰を指名するのかは 非常に興味がある人も多く、その点は さすがと言えるかもしれません…。

 

どうせなら、現役時代に強い相手から逃げ回っていたイメージを払拭させるような、誰もが知る強敵を指名してもらいたいものです。もし井上尚弥選手を指名するような事があれば、その勇気を称える挑戦に亀田人気は一気に上がることになるでしょう…。逆に引退試合となってしまった 河野選手とのリベンジ試合を望むのであれば、これまた下り坂の弱い選手を選んだと揶揄されることになります汗

 

特に引退後、頭の回転の良さを感じさせる亀田氏の事です。再度ダーティーなイメージへと自身から戻るとは到底思えません…。日本人初の世界3階級制覇を達成したにも関わらず、コアなボクシングファンからは一切評価されなかった屈辱を亀田氏は決して忘れていないはずです。今度こそ、男気を感じさせる勇気の決断を下してほしいと願うばかりです…。

 

JUGEMテーマ:ボクシング


大人の事情・・・

去年の年末も、例年通り 多くの格闘技がテレビ中継されましたが、インパクトが強烈だったのは やはりボクシングの井上尚弥選手とキックボクシングの那須川天心選手でした…。もはや この2人は異次元の世界へ行ってしまったようです。とにかく強くて隙が全く見当たりませんアセアセ 

 

いずれ、この2人はボクシングの世界で拳をマジ合わせるかもしれません…。ただ天心選手がボクシング界に行く前に、とにかく見たいのがK-1の武尊選手との一戦です。大晦日のリング上で天心選手が「次に戦うのは誰がいいですか!?」と観客に尋ねると、皆一緒に「武尊〜!」との大コールが起こりました。

 

大人の事情から、天心本人の口から武尊選手の名前を出せないのを逆手にとって、まさか観客にその名を言わせるとは よくぞ考えたものです電球 おそらく本人としては、純粋に日本人最強のキックボクサーの称号を手に入れたいだけなのです。それに日本人の格闘技ファンが今一番見たいカードなのに、何で大人の事情が絡むのでしょうか? 理解に苦しむばかりですあせ

 

子供の頃、全日本のジャイアント馬場と新日本のアントニオ猪木が戦う姿を夢見たことを つい思い出してしまいます…。筋書きのあるプロレスでさえドキドキしたのに、那須川天心VS武尊のカードはまさにガチの戦いとなります。何とか年内中に2人のカードが実現しないものでしょうか…き おそらく日本格闘技史上、最高の一戦になることは間違いないのに…。

 

K-1側が逃げているか、まさか武尊自身が逃げているのかは 定かでありませんが、いい加減 ここ数年のウップンを 今年こそ晴らして頂きたいと思うばかりです…。

 

JUGEMテーマ:格闘技全般

 

 


異次元・・・

やはりワシル・ロマチェンコというボクサーは、史上最強、史上最高のボクサーである事が証明されました。過去には、アリ、レナード、ハグラー、ハーンズ、タイソン、デュラン、メイウェザー、パッキャオ、ゴロフキンetc…と、様々なタイプのスーパーボクサーが存在しましたが、ロマチェンコのボクシングは それらのスーパーボクサーでも 到底辿り着けない異次元の世界へ行ってしまったようです電球

 

昨日のリコンドーとの一戦では、またもや相手を戦意喪失させる驚愕のボクシングを見せてくれました…。リコンドーといえば、無敗の現役世界チャンピオンで パウンドフォーパウンドでも現在4位にランクインしている強豪中の強豪です。その強豪を相手にしても、スピード、スキル、手数、ディフェンス、ポジショニングの良さで相手を袋小路に追い込み、相手に絶望感を与えてしまうのですあせ

 

驚くことに、これで世界戦の大舞台において4戦連続のギブアップ勝ちなのですが、プロレスの世界ではあるまいし 俄かに信じ難いと思われませんか? ましてや世界的な強豪ボクサーらを大舞台で諦めさせてしまうのです。それは一発でKOしてしまうのと同等に、いや、ある意味 それ以上に難しいことではないでしょうか…。ボクシングオタクの私でも、これほど驚かせてくれるボクサーは見たことがありません…。

 

日本ボクシング界の至宝、井上尚弥選手、それにメイウェザー、パッキャオを足して3で割ったようなボクサーがロマチェンなのかもしれません。同じく昨日、日本の尾川選手が ラスベガスで見事に世界チャンピオンのベルトを奪取してくれましたき その階級は奇しくもロマチェンと同じスーパーフェザー級…アセアセ 異国の地で世界チャンピオンになったわけですから、確かに尾川選手は もの凄い快挙を達成したことになります。

 

しかしながら、ロマチェンコの試合内容と比べてしまうと、男子サッカーと女子サッカーのレベル差ぐらい違うと感じてしまったのも事実…アセアセ  今現在のボクシング界は世界チャンピオンという肩書より、より強いインパクトを与えてくれるボクサーが認められる時代となっています。そんな中、ロマチェンコというボクサーは 肩書、インパクト共に史上最強のボクサーであることに異論を唱える人は もはや誰もいなくなってしまいました…。本当に恐るべしボクサーですひやひや

 

JUGEMテーマ:ボクシング


武居由樹選手part2・・・

今現在、強いキックボクサーで頭に浮かぶのは、RISEの那須川天心とK-1の武尊で決まりかと思われます電球 非常に残念なのは、ほぼ同階級の2人であるにも関わらず、K-1側の徹底的なガードによって この2人対決は今も究極の夢カードになっていること…あせ しかしながら、この2人に割って入るぐらいの強いキックボクサーがついに現れましたき  しかも、この2人と ほぼ同階級ときています。

 

選手の名は武居由樹、ただ強いだけでなく、とにかく性格の良さが滲み出てくるような好青年なのです。喋り方にしたって、あどけなさと優しさに満ち溢れており、過去に この様なイメージの格闘家は ちょっと記憶にありません…。今年の4月にも、この武居選手の話題を当ブログで取り上げていたので、よろしかったら再度ご確認して頂ければ幸いです。当時のブログ

 

その当時から、かなり強いキックボクサーという印象は受けておりましたが、過去に2敗を屈し 身体の線も かなり細いことから、とても那須川天心や武尊と同じステージに立つ事はちょっと難しいのでは?と思っていたものです。ところが、9月の試合と昨日の試合をテレビで見ると、物凄いスピードを持ってスキルが上がっていることに大変驚かされました。

 

それは素人の私が見たって分かります!武居選手は紛れもなく本物のキックボクサーだと…き もしかして、今やれば武尊選手より強いかもしれません。ひょっとして那須川選手と戦っても良い勝負になるのでは? とにかく子供のような可愛さで 鞭のようなキックを放つ荒々しさ、そのギャップが何とも言えない魅力を感じてしまうのです。

 

いい加減、K-1側も那須川天心から逃げ続けていないで、武居選手と武尊選手のどちらかと戦わせるべきでないでしょうか? 仮に負けたとしても、決してK-1人気が衰えるとは思えません。逆に、那須川天心に挑戦したという勇気が賞賛されるはずです。いずれにせよ、来年は武居由樹というキックボクサーの認知度が相当上がっていることは どうやら間違いなさそうです…電球

 

JUGEMテーマ:格闘技全般

 

 


世紀の一戦・・・

ここ数年、日本のボクシング界は 井上尚弥選手を筆頭に、本当に強いと思えるボクサーが目白押しです…。しかしながら、ワシル・ロマチェンコ選手の試合を見てしまうと、どうしても どれもインパクトに欠いてしまうのですアセアセ 無尽蔵のスタミナに スーパーテクニックを兼ね備えた、このロマチェンコ選手のパウンドフォーパウンドランキングは現在3位にランクインされています。

 

ちなみに井上尚弥選手は現在8位、先日、ミドル級の世界チャンピオンとなった村田選手が最終目標として掲げているゴロフキン選手が現在1位です。そんな中、来月9日にロマチェン選手が年内最後の防衛戦を迎えることになりました…。その対戦相手は、何と2階級下の現役世界チャンピオンでもあり、現在パウンドフォーパウンドランキング4位のリコンドー選手というのですから さらに驚きです。

 

今年9月に行われた、ゴロフキンVSアルバレス戦も世紀の一戦と騒がれましたが、今回のロマチェンVSリコンドー戦にしても ボクシングファンの間では大変な話題となっております。何しろ二人ともオリンピックでの金メダリストです。しかも2大会連続で金メダルを獲って、さらに世界選手権にしても共に2回ずつ優勝しています。そんなアマチュア時代からスーパースターだった二人が、今度は互いにプロの世界チャンピオンとして ついに初めて拳をマジ合わせるのですき

 

おそらくボクシング史上、過去最高テクニックの応酬になるものと思われます。間違いなく芸術的な試合になることでしょう…。もちろんKO率も高い二人ですので、もしかして衝撃的な結末になることも考えられます。個人的には、常に漫画のようなボクシングをするロマチェコが、スーパーテクニシャンのリコンドー相手でも同じようなボクシングを展開するかに注目しておりますが…。

 

この二人の試合を見てしまった後、日本人ボクサー(特に村田選手など…)の試合は、きっとスローモーションに見えてしまうかもしれませんね汗  とにかく、今から12月9日が待ち遠しくて仕方ありません…。

 

JUGEMテーマ:ボクシング


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM