イライラ度MAX・・・

たかがスマホゲーム、されどスマホゲーム…。今日でログイン日数311日目となる「逆転オセロニア」。今月は思うように勝てません…。5連勝したかと思えば10連敗を喫します。なかなかダイヤモンドマスターに戻れないのです。もはやイライラ度はMAXに達しております。

 

一番へこむのは、対戦相手のニックネームが「勝てない小5」「中学受験野郎」といった、あきらかに小学生らしき人物に負けた時…。いったい大の大人の自分は何をしているのだろう❓ これほどの屈辱はありません…。これまで私のゲーム上のニックネームは、死んだ愛猫の名前を利用しておりましたが、次回からは「もうすぐ中学生」に改名しようと思います。

 

自分自身が受けた屈辱を、是非とも他人にも味わせたいので…。何かこのゲームをやるようになって、ますます性格が歪んできているように感じてます…。

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム


突っ込み・・・

ふと「逆転オセロニア」のログイン日数を見れば、既に297日の日数を経過しておりました…。そして、積み上げた公式戦の勝利数は7793勝!おそらく その勝利数の倍以上は負けているので、ここまで およそ2万3千試合以上をこなした事になります。この飽きっぽい私が、何でこのゲームを ここまで持続出来ているのでしょう?

 

やはりゲームとはいえ、常に見えない相手と真剣勝負するシチュエーションが性に合っているのかもしれません。それにしても、1日平均約77試合、1試合平均3分として、1日に要する時間が約3.8時間って…。どんだけ暇なんだよ!と思わず自分自身に突っ込みを入れたくなります…。

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム


敗北感・・・

今月も無事ダイヤモンドマスターに戻ることが出来ました電球 ダイヤモンドマスターの称号は780ポイントでクリア出来るのですが、今月で3ヶ月連続のマスター確保という事で、ここは色気を出して全国ランキング100位以内を目指すことにしたのです…電球 そして昨日、相当の時間を費やして何とか870ポイントまで到達き  この時点で全国ランキング184位…。

 

月末終了までに、最低1200ポイント前後を稼がなければ 到底100位以内には入れそうにありません。1200−870=330ということは、あと33勝がどうしても必要となります。でも、今の勢いであれば何とかなるかもしれません。ここはオヤジオセロニアンの意地を見せるべきと決意新たに、かなりの気合を入れて勝負に挑んだまではよかったのですが…あせ 

 

結果、無惨にも90ポイントを失って780ポイントに逆戻り…。これ以上 負け続けるとダイヤモンドマスターの称号まで失うことになるので、もう今月の100位到達チャレンジは諦めることにしますアセアセ たかがゲームと思われるでしょうが、今の敗北感と屈辱感はハンパではありません。ちなみに現在のランキングですが、576位まで下がってしまいました…汗

 

つくづく「逆転オセロニア」の奥深さには、日々憂いておりますポロリ 

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム


著作権・・・

早いもので「逆転オセロニア」のログイン日数が、今日で連続264日となってしまいました…たらーっ この期間中「逆転オセロニア」は様々なコラボを実現していますぴかぴか 漫画関係なら「デスノート」「モンスターハンター」「七つの大罪」「逆転裁判」「進撃の巨人」、食関係では「マクドナルド」とコラボしているわけですが、各々のコラボ先には当然ながら必ず個性的なキャラクターが存在します。

 

「逆転オセロニア」のオリジナルキャラクターに加え 各々コラボ先のキャラクターが混ざってしまうと、どのようなデッキを組めば最強デッキとなるのか?日々頭を悩ませながら研究を続けているところですアセアセ  ただ残念なことに「マクドナルド」以外のコラボ先に関しては、「デスノート」を除き これまで全く存在すら知らない漫画ばかり…あせ

 

願わくは「ワンピース」あたりとコラボしてくれると大変嬉しいのですが…。まあ「ワンピース」クラスになれば、莫大な著作権料が予想されるので ちょっと難しいのかもしれませんが…。そこで、ふと疑問に感じることがあります。たとえば「デスノート」と「モンスターハンター」は少年ジャンプ系(集英社)、「七つの大罪」と「進撃の巨人」は少年マガジン系(講談社)、「逆転裁判」は他社のゲーム会社(カプコン)作成のもの…。

 

コラボ期間が過ぎても、各々のキャラクターは「逆転オセロニア」に今だ残ったままなので、現バトル中でも集英社VS講談社、マクドナルドVSカプコンといったキャラ同士のぶつかり合いが展開されています。もっと分かりやすく言うのであれば、集英社のルフィと光文社の鉄腕アトムが、揃ってドラゴンクエストやファイナルファンタジーのゲーム内でバトルしているようなもの…。

 

これまで、同じ著作権を持つキャラ同士が登場するゲームはあったかと思われまずが、今回の「逆転オセロニア」のようなケースは極めて珍しいと感じます。いったい運営会社のDeNAは、コラボ先の企業と どの様な著作権契約を交わしているのでしょうか❓大変興味深いところです…。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。


そろそろ・・・

本日でログイン日数が連続で241日目となった「逆転オセロニア」電球 今月も無事にダイヤモンドマスターの称号を手中に収め、本日より開始される月末のカップ戦に向けて気合十分といったところです。今や2,000万ダウンロード数を突破した「逆転オセロニア」ですが、飽きっぽい私が 今だこのゲームにハマり続けていること事態 不思議でなりません…たらーっ

 

もはや楽しいというより、今はどうしてもダイヤモンドマスターを維持し続けたいという義務感と責任感が、このゲームをやり続けてしまう要因なのかもしれません…アセアセ 果たして このゲームのゴールは、一体何処に設定すれば良いのでしょうか? 仕事で疲れてゲームでも神経をスリ減らす 今の生活環境…あせ そろそろ改善したいと思う今日この頃です…。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。


ダイヤモンドマスター到達・・・

ログイン日数 203日目で、ついに「逆転オセロニア」での最高峰クラス! ダイヤモンドマスターの地位まで登り詰めることが出来ました電球 飽きっぽい私が、ここまで集中して ひとつのゲームをやり通した事は過去にもなかったことです。ちなみにダイヤモンドクラス3に到達するポイントが600ポイント、ダイヤ2に到達するポイントが660ポイント、ダイヤ1の到達ポイントとなると720ポイント、そして晴れあるダイヤモンドマスターになるには 780ポイントの数字が必要となります。

 

1勝するごとにプラス10ポイント、1敗するごとにマイナス10ポイントとなる このシステムは、まさにオセロニアンにとって非常に過酷なゲームでしかありませんアセアセ あと1勝でダイヤモンドマスターになれるのに、そこから7連敗してダイヤ2まで一気に降格なんてことはザラです…。それだけ同じレベル同士での戦いは一進一退、危機感と緊張感を常に持ち合わせてのバトルを繰り広げていないと、到底マスターへの道なんて無理なお話しなのです。

 

さて「逆転オセロニア」でのダイヤモンドマスター(通称ダイマス)が、どれだけ大変な労力を使うかは 下記のオセロニアンの映像をご覧になって頂ければ 少しは理解してもらえるかと思われます…。https://www.youtube.com/watch?v=aAktX463dlI (私と同等レベルと思われるオセロニアンの映像です)

 

しかしながら タイやモンドマスターに到達といっても、その枠の中では下っ端中の下っ端なのですアセアセ 今現在、ダイマストップは8,210ポイントまで伸ばしており、もはや天文学的な数字の域にまで達しておりますあせ  こんな化け物と対等に戦えるわけもなく、ましてや今後1,000ポイントにすら達成する自信すらありません汗 とにかくダイスマになれた達成感で 今は十分満足しているので、これ以上の高みにチャレンジする気はないと今は言っておきます…。

 

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム

 


そろそろ・・・

寒い季節が過ぎると、ちらほらゴルフの誘いが来るようになります電球正直、ここ数年はゴルフ熱も冷めて あまり気乗りはしないのですが、最低限のお付き合いはしなくてはなりませんあせ 3件の誘いがあれば、その内1件は出向くといった感じでしょうかアセアセ そんなことで先日、去年の10月以来 久々に打ちっぱなしに行ってきたのですが、相も変わらずヘッポコ球の連発ばかりで 本当に情けないの一言でした汗

 

ただ単に 腰を痛めて退散するハメに…たらーっ 私ぐらいの年齢になると、やはり定期的に体を動かしていないと ドンドンと老化が進んでいくようですあせ  そろそろ「逆転オセロニア」中心の生活から、真剣に改める時期が来たのかもしれません…ひやひや

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム


ダイヤモンドクラス1・・・

テレビでオリンピック観戦をしながらも、私の手元には必ずタブレット携帯があります。もちろん「逆転オセロニア」を常にする為でありますが、昨日ついに総ダウンロード数が1,900万人を突破したとの事き 私が このゲームをやり始めたのが約半年前…。その当時の総ダウンロード数は 確か400万人だったかと思われます。

 

それが この短期間で1,900万人まで伸びるとは、運営側のDeNAにしても 今の事態を想像していたでしょうか❓ そして一番驚くのは、とても飽きっぽい私が よく半年間も毎日ログインをし続けているという事実…アセアセ 今やダイヤモンドクラス1にまで昇格を果たし、残すはダイヤモンドマスターの称号を手にするのみとなりました電球

 

ただ、これだけのダウンロード数を叩いていながら、今だ私の周りで このゲームをやられている人は見つけられず…あせ ダイヤモンドクラス1というのが、どれだけ凄いことなのかを知ってもらいたいのですが、今のままでは井の中の蛙にすらなれない現状をとても憂いでおります…がく〜  ちょっと悔しいので、当ブログ読者の貴殿貴女で「逆転オセロニア」をやってるよ…という連絡が来るまで、誰が何を言われようが しつこく 今後もこの話題を書き続けるつもりです…たらーっ

 

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム

 


マックとコラボ・・・

今日はスマホのバッテリーを交換する為、桜木町へ足を運びました…。丁度 昼時を狙って予約を入れたのですが、それには大きな❓理由が隠されていたのですたらーっ  それは普段 殆ど行くこともないマクドナルドで昼食を取る為でしたき バッテリー交換で所要する待ち時間が約30分〜1時間ぐらいとの事…。

 

マックで昼食するにはグットタイミングということになります電球 え?何でマック?と思われる人も きっといらっしゃるかと思われます。健康を非常に気にする身としては、ジャンクフードの代表格であるマックはご法度のはずです…。それなのに何でマック?と その理由を明かしますと、それはスマホゲーム「逆転オセロニア」が、限定期間中にマクドナルドとコラボするという企画に参加するためだったのです。

 

店舗内で「逆転オセロニア」をプレーすると、期間限定キャラがゲット出来るという仕組なのです。あくまでもマクドナルドの店舗内でしか そのキャラをゲット出来ないというのがミソでありますあせ さらにマクドナルドの店舗内で 運良く対戦相手が見つかったりすると、その相手とプレーしただけでキャラの強化素材をタダでくれるという太っ腹な企画でもあるのですき

 

現在、ダイヤモンドクラス2まで昇格したオヤジオセロニアンとしては、この企画に参加しない理由など見つけられるはずもなく…。いざランドマークプラザのマック店でプレーをしてみたのでした電球 ちなみにマック杯コロシアムでは、最低5勝を達成しなくては 限定キャラをゲットすることが出来ないルールとなっています。

 

ところが2戦を消化したところで、戦績は1勝1敗 所要時間は30分も掛かってしまったのですアセアセ このペースで行くと、目標である5勝を達成するまで楽に2時間以上も掛かる計算となってしまいますあせ さすがに仕事中なので そこまでの時間は掛けれませんアセアセ そこで本日の限定キャラゲットは渋々諦めて 後日チャレンジすることに…汗

 

それにしても マックの店舗内において周囲を見渡すと、スマホをいじっている人は多く見掛けても さすがにタブレットでゲームをしている人間は私ぐらいだったのでは❓ 目的遂行のためには、一時の恥ずかしさも封印しなくてはならないのです。とりあえず今日のメニューは、食べたくもない新メニュー「チキンタツタ」のセットを頼んでみました…ひやひや 

 

実はこの新メニューの箱に記載してあるQRコードを読み取ると、これまた「逆転オセロニア」の新キャラがタダで貰えるという報酬が目当てだったのです電球この感覚は子供の頃、仮面ライダーカードが欲しいばかりに 不味いライダースナックを買いあさっていたのと非常に似ているような気がしますたらーっ 

 

しかしながら、よくよく考えてみると 今回の限定キャラや新キャラは あくまでも記念キャラのようなもので、私がダイヤモンドクラスを維持する力になってくれるようなコマではないのです…ひやひや そんなコマの為に、食べたくもないマックへ今後も行くのかと思うと 少々複雑な心境でもありますたらーっ  実は今、マックを食べた影響なのか 胃がもたれて気分が非常に優れませんひやひや 今回のコマは さすがに諦めましょうかね…アセアセ

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム

 

 

 

 

 

 


複雑な心境・・・

日々、熱いバトルを繰り広げでいる「逆転オセロニア」のダウンロード数が ついに1,800万人を越えたとの事です。そこで、ふと思うことがあります…。1,800万人の内、約3分の2の人が無課金でゲームを楽しんでいるとして、私のような課金者が約3分の1いるものとします。ちなみに1ヶ月あたりの課金としては、私で10,000円から15,000円ぐらいなので、それ以上課金している人は かなりいるものと思われます。

 

逆に月平均1,000円ぐらいの課金で抑えている人もいるでしょう…。1,800万人の3分の1は600万人なので、1人当たりの月平均課金を3,000円ぐらいに設定することにします。すると、今さらながら驚くべき数字が算出されてしまうのです! 何と月の売上は、単純計算で180億円となってしまうではないですか…唖然  年間だと2,160億円の売上となってしまうのです。

 

この数字って凄くないですか? たかがスマホゲームですよ…。それなのに運営会社DeNAの発表では、2017年4〜9月期の連結業績において売上高が733億円、営業利益が136億円との事なのですアセアセ もちろん莫大な広告経費やシステム開発経費もハンパでないのは理解出来ます。しかしながら、半年間の売上高が まさかの733億円とは俄かに信じ難いものがあるのですが…あせ

 

間違いなく、相当の内部留保や経営者の個人資産に消えているものと推測されます。それとも我々ゲーマーの知らないところで、暗く深い闇がゲーム業界に潜んでいるのでしょうか❓ いずれにせよ、ここ当分はDeNAの売上アップに貢献していくのかと思うと、少々複雑な心境にもなります…たらーっ

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM