正真正銘のレジェンド・・・

各々スポーツ界には「レジェンド」とか「生きる伝説」と呼ばれている英雄が存在するものです。しかしながら その一方、そう呼ばれている選手の今の成績を見れば、やはり年齢の影響なのか 今ひとつ芳しくないのが実状ではないでしょうか…。中には、ただ現役生活が長いだけで そう呼ばれる選手も少ないないように感じますあせ

 

でもテニス界のロジャー・フェデラー選手だけは、正真正銘の「レジェンド」であり「生きる伝説」と呼ばれるに相応しい唯一無二の人間かと思われます。昨日の全豪オープンテニスでは 見事なる感動の優勝を果たしましたが、その年齢が36歳というのは まさに驚愕の一言です。男子テニス界において、全盛時の年齢といえば22歳〜30歳ぐらいが相場のはずです。

 

普通36歳のテニスプレーヤーが、四大メジャーの大会で1回勝つことでさえ大変なことなのに、去年の復活劇に続き またもや優勝をするのですから、もはやフェデラー選手は化け物の域を越えてしまった超化け物としか思えません。しかも、昨日の優勝で 四大メジャー20回目の優勝となるのです。

 

テニスプレーヤーにとって、四大メジャーに出場するだけでも大きな夢の達成であり、もし一度でも優勝しようものなら、一生涯 テニス界 いやスポーツ界の歴史に名が刻まれることになるのです。そんな大変な偉業を20回も達成するテニスプレーヤーなんて、果たして今世紀中に現れるのでしょうか?

 

その可能性がある唯一のテニス選手は、現在31歳のナダル選手しか存在しないのですが、それにしてもフェデラー選手とナダル選手といった あまりにも偉大な英雄が 2人同時期に存在するスポーツ界って他にあるでしょうか❓ 数年前、当ブログでは テニス界で当時のビッグ4(フェデラー・ナダル・ジョコビッチ・マレー)より、年齢の若い錦織選手の方が先に衰えるという趣旨の発言をしたことがありますが、まさに今 それが現実となってしまったことに関しては一抹の寂しさも感じています…アセアセ

 

JUGEMテーマ:男子テニス

 


2018年全豪オープン開幕・・・

今年もテニスの全豪オープンが開催されましたき 日本男子勢としては、ケガの長期化で出場を辞退した錦織選手以外に、杉田選手と西岡選手が出場しております(ダニエル太郎もいます)が、2人とも見事に昨日シード選手を破って2回戦に進むことになりました。確かに、既に峠を越した錦織選手に代わって、この2人の選手の躍進は目覚ましいものがありますき

 

しかしながら テニスファンの目からすると、杉田選手の常に全力でプレーするスタイルは、5セットマッチで競う全豪オープンではバツが悪過ぎると見ておりますアセアセ 仮に このまま勝ち進んだとしても、3回戦か4回戦あたりで体力のガソリン切れでの敗退を予想していますあせ そして西岡選手の場合、とてもバランスの良いテニスを展開しておりますが、とにかくパワー不足の感は否めません汗 

 

常にトリッキーなテニスを駆使しなければ勝利には近づけないので、これまた体力の衰退と共に次の2回戦か3回戦で敗退するものと思われますアセアセ そう考えてしまうと、いかに錦織選手が全ての面でバランスのとれたプレーヤーだったことが よく分かります…。そんな錦織選手でさえ、世界のトップ3に入れないどころか グランドスラムはおろか マスターズ1000でさえ勝てないのです汗

 

いかにフェデラーやナダルが、化け物じみた選手であることを思い知る次第です…。錦織選手の衰退と共に、当ブログで あれほど書いていたテニスネタも ほぼ封印状態となってしまいましたが、再び日本のテニスファンを熱くさせてくれる救世主が現れてくれることを切に願うばかりです。唯一の希望の星が、女子の大坂なおみ選手では あまりにも寂し過ぎます…あせ

 

JUGEMテーマ:男子テニス


アレキサンダー・ズべレフ・・・

さすがは錦織、予想を裏切らい見事な負けっぷりでした電球 それにしても 勝利したA.ズべレフのテニスを見ていると、単に強いだけではなく 華麗さやルックスの良さも兼ね備えていることからスーパースターになる資質は十分かと思われますき ビッグ4と比べても 何ら実力に遜色がない上、まだ若干20歳という年齢にも驚かされてしまいます。

 

数年前、ナダルが錦織を評して「彼は近い将来、トップ5に入ってくるだろう…」と言っておりましたが、そのナダルが今年 A.ズべレフを評して「いずれ彼はナンバー1になる選手だ…」と断言していたのを思い出します。ナダルの予想通り、その後 錦織はランキング4位まで登り詰めましたが、A.ズべレフにしても ここ数年でナンバー1プレーヤーに成長することは間違いなさそうです。

 

今年、大復活を遂げたナダルとフェデラーでありますが、さすがに今の絶好調を来シーズンも持続させることは いくら神様といっても難しいと感じます。ジョコビッチとワウリンカは怪我による長期離脱を表明しているので、復活するには かなりの時間を要することになるでしょう。マレーにしても怪我の状態が芳しくないことを考えると、意外に早い段階でA.ズべレフ時代が当来するかもしれません…。

 

それにしても、錦織選手は本当にツイてませんよね…アセアセ 自身のピーク時には絶好調のビック4+ワウリンカが立ち塞がり、ようやく錦織世代にチャンス到来かと思いきや、今度はA.ズべレフ、ティエムといった新世代に取って代わらてしまうのですから…あせ 一体いつになったら、日本人による初のグランドスラム制覇やマスターズ1000大会制覇は達成されるのでしょうか?

 

おそらく、私が生きているうちに見ることは不可能かと思うと 非常に残念な気持ちになってしまいます汗  今から思えば、2014年の全米オープン決勝が、日本人による最初で最後のグランドスラム制覇のチャンスだったかもしれません…。

 

JUGEMテーマ:男子テニス


シティ・オープン・・・

今日、久々に錦織戦を見ました。相手は世界ランキング225位で若干20歳のポール選手…。今大会ではシード選手を次々と番狂わせで勝ち上がってきただけあって、終始 錦織選手を圧倒するような試合展開でした。しかしながら そこはランキング9位の底力なのか、最終的には錦織選手の経験が上回り どうにか薄氷の勝利を手にしました…。

 

それにしても、敗れ去った20歳のポール選手は本当に強かったです。数年後には必ずトップ10を狙える選手になる逸材かと思われます…。さて、一方 勝った錦織選手が明日に戦う準決勝の相手ですが、今季成長が著しいA.ズべレフ選手との初対決となります。ポール選手と同様、まだ若干20歳でありながら 今だ錦織選手が手にしたことのないマスターズ1000のタイトルを既に手中に収め、現在のランキングにしても錦織選手より上の8位に位置する選手です。

 

近い将来 ランキング1位が確実視されているA.ズべレフ選手と、すでに峠を越えた錦織選手との戦いなので ある程度の試合展開は予想しておりますが、それでも少しは錦織選手の意地を 我々テニスファンに見せてもらいたいと思っています。個人的にはA.ズべレフ選手の一方的なストレート勝ちを予想しておりますが、もし奇跡的に錦織選手が勝利するような事があれば、懲りないで再び錦織ファンに戻ってみようかな…あせ 

 

JUGEMテーマ:錦織 圭

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017年ウインブルドン大会・・・

今日からテニスのウインブルドン大会が開催されますき  日本では錦織選手の衰退により、ややテニスブームに陰りが見え始めてきましたが、先日に杉田選手がツアー初優勝を飾ってくれたことで若干の盛り上がりムードが漂ってきました。しかしながら、いくら芝を得意とする杉田選手とはいえ、過酷な5セットマッチのウインブルドンでは一回戦を勝ち抜くのが精一杯かと思われますアセアセ

 

一方、芝が不得意の錦織選手にしても、おそらく三回戦途中でお約束のリタイアといったところが関の山でしょう。やはり興味は誰が優勝するのか?に焦点は絞られますが、それは素人が予想しても 本命フェデラー、対抗ナダルを中心とした、マレー、ジョコビッチ、ワウリンカの中から優勝者が決まるものと考えます。過去10年のグランドスラム大会の優勝者を見ても一目瞭然なので…。

 

いい加減、男子テニスのビッグ4+ワウリンカといったお決まりの構図をどうにか出来ないものでしょうか? 何気に10年も同じメンツの中で優勝者を繰り返せば、さすがに見ている方も飽きを感じずには入られませんあせ ここは錦織世代よりも若いAズべレフ、キリオス、ティエムといった将来のナンバー1候補に是非とも頑張ってほしいと願うしかありません。

 

確かにフェデラーとナダルはスポーツ界の神様でありますが、もはやテニスファンには十分過ぎるほどの奇跡を見せてもらいました。そろそろ世代交代をしてください…といった感じです。それとも錦織世代を跳ね返したのに続き、まさか次の新世代をも跳ね返すつもりでしょうか? 今年、3回目のグランドスラム大会であるウインブルドンで、必ずその答えは見れるものと思っていますき

 

JUGEMテーマ:男子テニス


卑屈・・・

7月からテニスのウィンブルドン大会が開催される事もあり、その前に少しでも芝生コートに慣れるため 各選手は様々な芝コートの大会にエントリしています。そんな中で、ランキング1位のマレー、3位のワウリンカ、6位のラオニッチ、8位のティエムと、トップ10選手が次々と1回戦敗退となりました…。ウィンブルドンの前哨戦とはいえ、去年までのケースでは ちょっとこの様な事態は考えられません。

 

神様ナダルと神様フェデラー以外のトップ10選手の力が果たして衰えてしまったのか、それとも対戦相手のレベルが軒並みアップしたのかは 今回テレビ中継を見ていないので知る由もありません。ひとつ言えるのは、同じく衰退の一途を辿る錦織選手ですが、他のトップ10選手の不調も手伝って もしかして年内トップ10に踏み止まる可能性が若干見えてきました。

 

やはりテニスという過酷なスポーツでは、何年も世界ランキング10位以内を維持するというのは尋常ではないようです。いつも肝心の試合では負けてばかりで 非常にイライラさせてくれる錦織選手ですが、今も尚ランキング9位を維持していること自体、考えてみれば大変な偉業です。そもそもビッグ4やワウリンカは別次元の人間であって、10回に一度勝てれば御の字の選手だったのですあせ

 

そんな選手に錦織選手が負けたからといって、我々ファンがイライラすること自体、大きな勘違いをしていたのかもしれませんアセアセ 今後、錦織選手の試合を見る場合は、燕の試合を見る感じでいたら特段腹も立たないと思われます。たとえば、.船礇鵐垢両賁未任 どの様な潰し方をするのだろう? ▲團鵐舛両賁未任 どの様に点が取られるのだろう?そもそも今日は どの様な負け方をするのだろう?…etc

 

常に負けて元々、勝てればラッキーという心構えであれば、錦織選手と燕の試合は常に楽な気分で観戦出来るというものです。そういえば今夜、対戦相手はランキング下位の選手となりますが錦織選手の試合があります電球 さて、今日はどんな負け方を見せてくれるのでしょう? 今からラケットを投げつける錦織選手の姿が目に浮かんできます…。

 

JUGEMテーマ:錦織 圭

 

 

 

 


スポーツ界の神・・・

結局、テニスの全仏オープン男子は、ナダルが全試合1セットも落とさずの完全優勝を飾りました電球 数年前は錦織と互角の勝負を繰り広げていたナダルが、今では自身の全盛期と肩を並べるほど異次元の世界へ旅立ってしまったのです。この優勝で世界ランキングも2位となり、もしかして年内中にも再び1位に返り咲く可能性が出てきました。

 

それと同時に、憎たらしいほど強かったジョコビッチは4位に後退…。所詮グルテンフリーの効果は、さほどではなかったという事でしょうかアセアセ  今後はウインブルドンに向けて体力を温存してきたランキング5位のフェデラーもツアーに復活します。そうなれば、今シーズンの調子から見てフェデラーのランキングも徐々に上がってくるものと推測します。

 

決勝で敗れたワウリンカにしても、長きに渡ってランキング4位以内を維持しているのは称賛に値することです。今現在、男子テニス界の勢力図は、ビッグ4(マレー・ナダル・ジョコビッチ・フェデラー)+ワウリンカに、若手のティエムとズべレフ弟が挑む形になっています。もう錦織、ラオニッチ、ディミトロフといった中途半端な世代に割り込む隙間はなくなりました…あせ

 

ただ、ラオニッチとディミトロフにはビッグサーブという大きな武器がある分、まだ若干でも浮上する可能性は残されているかもしれません。それにしても、どんなスポーツより日頃の厳しい鍛錬が要求されるテニス界において 再び輝きを見せ始めたナダルとフェデラーは、もはやテニス界の枠を超えてスポーツ界の神といっても過言ではなくなりました。

 

毎年、テニス以外の広告収入だけで何十億も稼いでいるのに、どうして あのような過酷のスポーツをやり続けられるのでしょうか? もう十分過ぎるほどの名声と富は手に入れたはずです。単にテニスを愛しているから…だけの理由なら、とても私のような凡人には到底 理解など出来ません。だからこそ、スポーツ界の神と言われる所以なのでしょうが…き

 

JUGEMテーマ:男子テニス


全仏オープンテニス・・・

完全に下り坂へ まっしぐらと思われた錦織選手でしたが、何と全仏オープンテニスでまさかのベスト8に進出してしまいましたあせ ここまでの対戦相手に いくら恵まれてきたとはいえ、まさかの復活劇に若干驚いています。今年の全仏オープンテニスはWOWOW他、テレビ東京でも放送されているので 視聴されている方も多いのではないでしょうか…。

 

しかしながら、次戦は世界ランキング1位のマレー選手です電球 確かに一筋縄ではいかない相手ではありますが、ジョコビッチ同様、今年は絶頂期と比べてプレーのレベルが かなり落ちています。ひょっとして 若干上向き状態の錦織選手が、マレーに勝利するチャンスがあるのかもしれません。

 

でも、仮に錦織選手が勝ったとしても、次の準決勝は棄権若しくはストレート負けと相場は決まっています。長年、錦織選手の試合をWOWOWで ほぼ見てきた私が言うのですから間違いありません。ここ数年、期待しては落胆させられる…の連続でしたから…アセアセ ちなみに私の予想では、セットカウント3-1でマレーの勝利です。

 

それでも、卓球の丁寧選手に平野美宇選手が勝利する確率よりも若干高いのではないでしょうか…。それにしても、またもや日本のマスコミや俄かファンの人達は錦織選手のグランドスラム初優勝を期待しているようですが、天地がひっくり返っても それは絶対に有り得ません! たとえばビッグ4全員がケガ等で出場しないことが条件であれば、ごく僅かな可能性もあるのかもしれませんが…。

 

そもそも錦織選手のサーブ力では、グランドスラム制覇なんて所詮無理なお話しなのです。万一、明日マレーに勝ってしまうと、日本中がまた錦織選手に過大な期待を懸け、そして次の試合で大きく落胆させられるのが目に見えています。どうせなら、明日あっさり負けてくれた方のが 錦織選手らしくて個人的には満足です…電球

 

JUGEMテーマ:錦織 圭

 

 


異次元のスーパースター・・・

昨夜、ジョコビッチとナダルの試合をテレビ観戦しました…。結果はナダルの見事なストレート勝ち電球 あれほど強かったジョコビッチはいったい何処へいってしまったのでしょう? 昨年、コーチと決別し、さらには先月も これまで一緒に行動を共にしたチームを解散したことを報道で知りました。おそらくメンタル面での影響からか、さすがのジョコビッチといえど 今は非常に厳しい状況なのかもしれませんアセアセ

 

ここ10年のテニス界を振り返ってみると、まずはフェデラーの1強時代から始まり、その後ナダルの台頭によって2強時代となります。しばらくしてジョコビッチが急激な伸びを見せて、あっという間にフェデラーとナダルを追い抜いていきました。さらにマレーが常に安定した勝利を積み重ねることによって、いつからかフェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレーはビッグ4と呼ばれる存在になっていったわけです。

 

ビッグ4と呼ばれるようになってからは、急激にフェデラーとナダルの力が衰え始めます…。そしてジョコビッチの1強時代がしばらく続くのですが、数年後にマレーの驚異的な快進撃によって 去年の末にジョコビッチは ついに世界ランキング1位の座をマレーに奪われてしまいました。しかしながら、帝王ジョコビッチのことです!今後はきっと盛り返してくるでしょうから、マレーと共に2強時代がしばらく続くものとテニスファンなら誰もが思っていたものです。

 

すると どうでしょう…。2017年がスタートしたと同時に、去年で終わった感の強かったフェデラーとナダルが 何と大復活を遂げてしまったのですエクステンション そして驚くことに、今度はジョコビッチとマレーが2017年に入ってから 大スランプに陥ってしまいました。若い世代がジョコビッチとマレーを引きずり下ろす構図は若干想像していましたが、まさか35歳のフェデラーと30歳のナダルがその役目を果たすとは誰が想像したでしょうか?

 

そして昨夜は ナダルが大復活を遂げた後、初の直接対決で ついにジョコビッチから3年振りの勝利を挙げてしまったわけです。まだ世界ランキングでは、ジョコビッチとマレーが1,2フィニッシュとなっておりますが、今の勢いからするとナダルとフェデラーが2人に追いつくのは時間の問題かもしれません…。一時は、錦織選手よりランキングが下になってしまったフェデラーとナダルでしたが、やはり この2人は本物のカリスマを兼ね備えた異次元のスーパースターだったようですアセアセ 

 

JUGEMテーマ:男子テニス


実力通り・・・

4月3日付けのテニス世界ランキングでは、フェデラー選手が4位に上がり、ナダル選手にしても5位まで上がってきましたき まだ3位にはワウリンカ選手がどっかり居座っているので、ビッグ4の完全復活とまではいきませんが ようやく実力通りの世界ランキングに戻ったと言えるかもしれません。

 

ちなみに錦織選手の場合、ランキング4位から7位に下がってしまいましたが、おそらく年末までにはベスト10圏外にまで堕ちてしまうことになるでしょう電球 しかしながら、ここまでの錦織選手は本当によく頑張ってくれました…。日本人がビッグ4と対等に渡り合える 唯一のテニスプレーヤーであった事は紛れもない事実だったのですから…。

 

我々日本人ファンにも沢山の夢を抱かせてくれましたが、もはや今の錦織選手に過去の栄光を求めるのは非常に酷というものですあせ 今は静かに錦織選手の散っていく姿を ただ見守るしかありません…ポロリ もう、しばらく錦織選手のような日本人テニスプレーヤーが出現しないと思うと、やはり一抹の寂しさを感じてしまいます汗

 

JUGEMテーマ:錦織 圭


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM