マスターズ・・・

残念ながら錦織選手は、今回のマスターズ大会での優勝は出来ませんでした…アセアセ しかしながら、昨夜の試合を見ると 全盛期の強さが戻っているように感じます。もし、次の大会で同等の成績が上げられたら、もはや完全復活と言っても過言ではないのかもしれません。それにしても、優勝したナダル選手のポテンシャルは尋常ではありませんでした。一時、ケガの影響でランキングが20位前後まで落ちた選手とは到底想像出来ません…。

 

数年前はビッグ4の中でも 一番弱かったはずのナダルが、いつの間にか またランキング1位に返り咲いてしまうのですから、メンタルの強さでも群を抜いています。テニス界にはフェデラーという生きる伝説が 今だランキング2位で頑張ってくれていますが、もうこの2人に関しては 神様という称号を天から与えられるべき存在かと思われますき

 

せっかく復活の兆しが見えてきたというのに、そんな神様らと同じコートに立たなければならない錦織選手が本当に不憫でなりませんあせ 果たして悲願のマスターズ優勝は達成出来るのでしょうか? 到底 グランドスラム大会を制覇するのは至難の業なので、せめてマスターズ大会ぐらいは 引退までに達成してほしいのですが…あせ

 

JUGEMテーマ:錦織 圭


敗戦確率・・・

本当に情けない…アセアセ これで5連敗となったわけですが、その内 守備のミスで負けた試合が3試合…。普通に守っていれば3勝2敗で乗り切れたわけです。この結果を首脳陣はどう捉えているのでしょうか? 昨シーズンであれば 全て選手任せだったでしょうが、今シーズンは宮本ヘッド、石井、河田、田畑といったスパルタ&頭脳派の首脳陣が揃っています。

 

このまま 指をくわえて最下位ロードまっしぐらという事はないと信じています…。完全に終わった選手であったはずの錦織選手でさえ、マスターズでの決勝進出を決められたのですから…電球 昨夜は燕の敗戦を見届けた後、錦織戦をテレビ観戦していたのですが、最初の1セットを取られた時点で 錦織の敗戦を確信した私は、そのままベッドに入って寝てしまったのです。

 

ところが翌朝、錦織勝利のニュースを見て、もしやジャパンマネーによる八百長が行われたのか?と思ってしまうぐらいビックリ仰天!やはり、私のような素人凡人の目は節穴だったのでしょうか? ここ10年以上、熱心にテニス中継を見てきた中で、錦織選手の復活は絶対に有り得ないと確信していたのですが…あせ

 

昨日の当ブログで、錦織選手の敗戦確率は200%と書いてしまいましたが、テニスファンなら次世代ナンバー1のスべレフ選手が相手であれば 誰もが同じことを言ったと思います。しかしながら、今夜の決勝はクレーキングのナダルです電球 今夜こそ錦織選手の敗戦確率は300%とここで断言しておきます。それでも、もしナダルに勝ってしまったら? そんな奇跡を起こしてくれようものなら、再び熱烈な錦織ファンに戻ろうと思います…たらーっ

 

JUGEMテーマ:錦織 圭

 

 

 

 


分かっていても・・・

錦織選手が世界ランキング3位のチリッチ選手を撃破!というネットニュースを目にしました。トップ10の選手に錦織選手が勝つのは相当久しぶりのはず…。数年前まで 錦織選手のテレビ中継を見る為に、寝る間も惜しんで夜更かしをしたり、そして早起きをした日々をつい思い出してしまいました…。

 

個人的には もう完全に終わった選手と思っていたので、今回の勝利には少々驚いていますあせ しかながら今夜の相手は、ランキング4位でありながら将来のトップ候補ナンバー1のズべレフ選手…。錦織選手の敗戦確率は200%かと思われますアセアセ でも万一、もしズべレフ選手に勝つようなことがあれば、また再びの錦織フィーバーが巻き起こるかもしれません。

 

ただ、期待を裏切らないのが錦織選手の持ち味です。次の試合では、いつもの右手首違和感等であっさりのストレート負けが相場と決まっているのですアセアセ  致命的なヘナチョコサーブを改善しない限り、錦織選手が世界のトップ10に返り咲くことは有り得ないのです。それが分かっていながら、やはり今夜の試合が どうしても気になってしまいますひやひや

 

最悪のパターンとしては、今夜 燕がDeNAに敗れ、その流れで錦織VSズべレフを見たら 錦織の惨敗を目の当たりにするあせ そして翌日の仕事に多少ながら悪影響を及ぼす…といったところでしょうか汗 でも、その公算は非常に高いと思われるところが 非常に悩ましいところなのですがく〜

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 

 

 


雲泥の差・・・

男女の違いはあれど、大坂なおみ選手と錦織選手とでは雲泥の差がついてしまったようです。錦織選手のテニスは、たとえ絶好調時でも常にハラハラドキドキさせられたものです。何しろ あのヘナチョコサーブは致命的な弱点であり、見ている側にとっては いつブレイクされても おかしくない展開にストレスさえ感じることもありました…アセアセ

 

その点、大坂なおみ選手のテニスは爽快そのものです電球 特に あのドスンとくる強烈サーブは、見ている側にとっては逆にストレス解消に繋がります。おそらく本人が自滅でもしない限り、相手にブレイクされる確率は非常に低いのではないでしょうか…。ちなみに今日の未明、錦織選手は予想通りのストレート負けを屈し、これで世界ランキングも40位台に落ちることが確定しました。

 

数年前、あれほど輝いていた錦織選手でしたが、訳あり彼女に捕まってからというもの 不運なケガに悩まされたこともあり、ここまでは見事すぎる転落ぶりを我々に見せつけてくれていますあせ まだ多くの錦織ファンは復活を期待しているようですが、パワーテニス全盛の今、彼の体格では数年前のような活躍は非常に難しいと感じますあせ  錦織選手はフェデラーやナダルといった復活組の化け物とは違うのです…。

 

ここは潔く引退した方が 本人にとって賢い選択ではないでしょうか❓ 家族やコーチの反対を押し切ってまで あの訳あり彼女を選んだわけですがく〜  今後もテニスの試合でファンに情けない醜態を晒すぐらいなら、このまま彼女と一緒に消えてほしいのですが…。(既に2人は破局したという噂も流れているようですが果たして真相は❓)。

 

幸い日本には大坂なおみ選手という パワーテニスの申し子のようなスターが現れましたき 今後、錦織選手の需要は徐々に減っていくものと思われます。大きなお世話なのは重々承知ですが、堕ちるところまで堕ちてしまう前に 自らの決断を期待したいところです…。

 

JUGEMテーマ:男子テニス

 


覚醒・・・

女子テニスの大坂なおみ選手…電球ついに覚醒してしまったようです。世界ランキング5位の選手にさえ パワーでねじ伏せてしまうのですから、もはや彼女の強さは尋常ではありません。あとはメンタル面をもっと鍛えれば、ここ数年での世界トップ10入りは確実かと思われます。そして、いずれは日本人史上最強のテニスプレーヤーとして歴史に名が刻まれるのでしょうね…。

 

それにしても 今の時代、あらゆる分野で これだけ日本人史上最強のプレーヤーが一挙に現れてしまうと、何となくですが 有り難味も若干薄れてしまいそうですあせ それに大坂なおみ選手は、日本の選手としては完全に反則技ですし…ひやひや  まあ、所詮 古い気質の考え方なので、今の若者には何ら違和感はないのでしょうが…アセアセ

 

 

 

 


死語・・・

男子テニスのジョコビッチ選手の衰退が止まりません…アセアセ いくらケガ明けとはいえ、日本人のダニエル太郎に負けているようでは復活の目がなくなったも同然かもしれませんあせ 思えば数年前、ジョコビッチ選手が無敵の力を見せつけていた頃、本人が推奨するグルテンフリーが日本でも話題になったことがありました。

 

簡単に言えば、小麦粉は人間の身体に様々な害を及ぼすといった内容ですあせ  何でもグルテンフリーの健康法を取り入れてからというもの、ケガに強くなっただけではなく精神面での安定、さらにはテニス技術も著しく向上したらしく、テニスファンでなくてとも 帝王ジョコビッチの発言は様々なスポーツ選手にも強い影響を及ぼしていたとの事です。

 

ところがジョコビッチ選手よりも かなり年上で、パスタやパンも好むフェデラー選手が再び世界ランキング1位に返り咲いたことで、ジョコビッチ選手の発言力が かなり低下してしまったことは否めません。さらに ここ数年でのジョコビッチ選手の衰え方は、あの錦織選手と相通じるものを感じてしまいます…。

 

今やパンブームの中、グルテンフリーなどと発言することすら 時代錯誤と思われてしまうことでしょう…アセアセ ジョコビッチ選手の衰退と共に、グルテンフリーという単語は もはや死語になってしまうのかもしれません…あせ 

 

 

 

 

 


二重国籍・・・

女子テニスの大坂なおみ選手が、パワーであのシャラポワ選手を撃破したことに軽い衝撃を受けてしまいましたアセアセ 過去の日本人選手において、パワープレーで海外のトップ選手を圧倒したのは 男女を通しても大坂選手が初めてではないでしょうか…。日本人初のメジャータイトルを獲得するのも、おそらく時間の問題だけかと思われますき

 

やはり生粋の日本人では、テニスという競技でトップを取ることは難しいのでしょうか❓ ちなみに大坂選手の実家は現在アメリカにあって、国籍も今のところ日本とアメリカでの二重国籍となっています。何でも22歳までに どちらかの国籍を選ばなければいけないらしいのですが、とりあえず日本を選んでおけば 二重国籍を容認するアメリカの国籍は残ったままとの事です。

 

仮にアメリカ国籍を選んでしまうと、二重国籍を禁止している日本での国籍は失ってしまうらしいのです…。今一つ 理解に苦しむ法律ではありますが、大坂選手としては 22歳以降も今と同じく二重国籍でいたいとの事…。確かに日本語より英語の方が流暢に話している映像などを見ると、大坂選手を素直に日本人として見るのには 違和感だらけとなってしまうのですアセアセ

 

それに大坂選手の体格や骨格は 明らかに日本人離れしています(もちろん風貌も)…。よって大坂選手の試合を見る際は、常に不思議な日本人という感覚でつい見てしまいがちですあせ それにしても錦織選手の衰退によって、今後 生粋の日本人プレーヤーが世界で躍進する姿など、もう生きているうちには見れないのでしょうか❓

 

JUGEMテーマ:大坂なおみの魅力

 

 

 


正真正銘のレジェンド・・・

各々スポーツ界には「レジェンド」とか「生きる伝説」と呼ばれている英雄が存在するものです。しかしながら その一方、そう呼ばれている選手の今の成績を見れば、やはり年齢の影響なのか 今ひとつ芳しくないのが実状ではないでしょうか…。中には、ただ現役生活が長いだけで そう呼ばれる選手も少ないないように感じますあせ

 

でもテニス界のロジャー・フェデラー選手だけは、正真正銘の「レジェンド」であり「生きる伝説」と呼ばれるに相応しい唯一無二の人間かと思われます。昨日の全豪オープンテニスでは 見事なる感動の優勝を果たしましたが、その年齢が36歳というのは まさに驚愕の一言です。男子テニス界において、全盛時の年齢といえば22歳〜30歳ぐらいが相場のはずです。

 

普通36歳のテニスプレーヤーが、四大メジャーの大会で1回勝つことでさえ大変なことなのに、去年の復活劇に続き またもや優勝をするのですから、もはやフェデラー選手は化け物の域を越えてしまった超化け物としか思えません。しかも、昨日の優勝で 四大メジャー20回目の優勝となるのです。

 

テニスプレーヤーにとって、四大メジャーに出場するだけでも大きな夢の達成であり、もし一度でも優勝しようものなら、一生涯 テニス界 いやスポーツ界の歴史に名が刻まれることになるのです。そんな大変な偉業を20回も達成するテニスプレーヤーなんて、果たして今世紀中に現れるのでしょうか?

 

その可能性がある唯一のテニス選手は、現在31歳のナダル選手しか存在しないのですが、それにしてもフェデラー選手とナダル選手といった あまりにも偉大な英雄が 2人同時期に存在するスポーツ界って他にあるでしょうか❓ 数年前、当ブログでは テニス界で当時のビッグ4(フェデラー・ナダル・ジョコビッチ・マレー)より、年齢の若い錦織選手の方が先に衰えるという趣旨の発言をしたことがありますが、まさに今 それが現実となってしまったことに関しては一抹の寂しさも感じています…アセアセ

 

JUGEMテーマ:男子テニス

 


2018年全豪オープン開幕・・・

今年もテニスの全豪オープンが開催されましたき 日本男子勢としては、ケガの長期化で出場を辞退した錦織選手以外に、杉田選手と西岡選手が出場しております(ダニエル太郎もいます)が、2人とも見事に昨日シード選手を破って2回戦に進むことになりました。確かに、既に峠を越した錦織選手に代わって、この2人の選手の躍進は目覚ましいものがありますき

 

しかしながら テニスファンの目からすると、杉田選手の常に全力でプレーするスタイルは、5セットマッチで競う全豪オープンではバツが悪過ぎると見ておりますアセアセ 仮に このまま勝ち進んだとしても、3回戦か4回戦あたりで体力のガソリン切れでの敗退を予想していますあせ そして西岡選手の場合、とてもバランスの良いテニスを展開しておりますが、とにかくパワー不足の感は否めません汗 

 

常にトリッキーなテニスを駆使しなければ勝利には近づけないので、これまた体力の衰退と共に次の2回戦か3回戦で敗退するものと思われますアセアセ そう考えてしまうと、いかに錦織選手が全ての面でバランスのとれたプレーヤーだったことが よく分かります…。そんな錦織選手でさえ、世界のトップ3に入れないどころか グランドスラムはおろか マスターズ1000でさえ勝てないのです汗

 

いかにフェデラーやナダルが、化け物じみた選手であることを思い知る次第です…。錦織選手の衰退と共に、当ブログで あれほど書いていたテニスネタも ほぼ封印状態となってしまいましたが、再び日本のテニスファンを熱くさせてくれる救世主が現れてくれることを切に願うばかりです。唯一の希望の星が、女子の大坂なおみ選手では あまりにも寂し過ぎます…あせ

 

JUGEMテーマ:男子テニス


アレキサンダー・ズべレフ・・・

さすがは錦織、予想を裏切らい見事な負けっぷりでした電球 それにしても 勝利したA.ズべレフのテニスを見ていると、単に強いだけではなく 華麗さやルックスの良さも兼ね備えていることからスーパースターになる資質は十分かと思われますき ビッグ4と比べても 何ら実力に遜色がない上、まだ若干20歳という年齢にも驚かされてしまいます。

 

数年前、ナダルが錦織を評して「彼は近い将来、トップ5に入ってくるだろう…」と言っておりましたが、そのナダルが今年 A.ズべレフを評して「いずれ彼はナンバー1になる選手だ…」と断言していたのを思い出します。ナダルの予想通り、その後 錦織はランキング4位まで登り詰めましたが、A.ズべレフにしても ここ数年でナンバー1プレーヤーに成長することは間違いなさそうです。

 

今年、大復活を遂げたナダルとフェデラーでありますが、さすがに今の絶好調を来シーズンも持続させることは いくら神様といっても難しいと感じます。ジョコビッチとワウリンカは怪我による長期離脱を表明しているので、復活するには かなりの時間を要することになるでしょう。マレーにしても怪我の状態が芳しくないことを考えると、意外に早い段階でA.ズべレフ時代が当来するかもしれません…。

 

それにしても、錦織選手は本当にツイてませんよね…アセアセ 自身のピーク時には絶好調のビック4+ワウリンカが立ち塞がり、ようやく錦織世代にチャンス到来かと思いきや、今度はA.ズべレフ、ティエムといった新世代に取って代わらてしまうのですから…あせ 一体いつになったら、日本人による初のグランドスラム制覇やマスターズ1000大会制覇は達成されるのでしょうか?

 

おそらく、私が生きているうちに見ることは不可能かと思うと 非常に残念な気持ちになってしまいます汗  今から思えば、2014年の全米オープン決勝が、日本人による最初で最後のグランドスラム制覇のチャンスだったかもしれません…。

 

JUGEMテーマ:男子テニス


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM