偲ぶ・・・

ここ数日、お亡くなりになった西城秀樹さんを偲んで、彼の80年代の曲を車の中で聴いています…。「悲しき友情」「聖・少女」「ジプシー」「炎」「南十字星」「抱きしめてジルバ」「リトルガール」「ギャランドゥ」…etc電球 彼の全盛期は確かに70年代でありましたが、個人的には 80年代曲も心に沁みる歌が多く 非常に印象深いものがあります。

 

特にトシちゃんやマッチの登場後は、徐々に人気も衰えベスト10に入ることも少なくなってしまいましたが、それでも秀樹さんの曲だけは常にチェックしていたように記憶しています。しかしながら、彼が「33才」という曲を出した時、私が子供の頃から憧れていた西城秀樹は完全に消えてしまいました…アセアセ 残念ながら、一気に冷めてしまったのです。

 

その後の曲に関しては、全く知る由もなく「走れ正直者」が久々にスマッシュヒットした時でさえ、何ら興味すら湧きませんでした。それなのに 今回の訃報を知った時、子供の頃の思い出が一気に噴き出してしまったのです。その後、様々な芸能ニュースを見て、彼が どれだけ偉大な歌手だったのかを あらためて知ることになったのです。

 

昨日、告別式で野口五郎さんが読み上げる弔辞に、不覚にもグッときてしましました。どうやら人柄も最高の人だったようです…。不思議なもので、今「33才」を車の中で聴くと 意外にもしっくり心に響いてきます。当時の私には全く理解できない詩の内容だったのに…あせ これから先も、西城秀樹さんの曲は以前より多く聴くことになりそうな気がします電球

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 


偉大・・・

まだ秀樹ショックが尾を引いている状態ではありますが、ここは大谷選手の活躍と錦織選手のジョコビッチ撃破で少しでも元気づけてもらいたいものですアセアセ そういえば今日の弱小球団にしても 先発はブキャナン投手なので、たとえカープが相手でも勝機は十分かと思われます…。

 

いち芸能人の死で、ここまで気落ちした経験は過去にもありませんでしたあせ 昨夜から今朝にかけて テレビのニュースや情報番組を見ていると、あらためて西城秀樹さんの偉大さに気づかされます…。どうか安らかにお休みくださいき 本当にお疲れ様でした。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。


ショック・・・

歌手の西城秀樹さんが急性心不全で亡くなったとのこと…アセアセ 実は私が初めて熱中した芸能人が西城秀樹さんだったのです。まだ小学生だった頃、初めて自分の小遣いで買ったシングルレコードが西城秀樹さんの「情熱の嵐」でした電球 子供心ながら、激しいアクションをしながら熱唱する姿に憧れを抱いていたものです…。

 

その後、数々のヒット曲を世に飛ばしましたが、殆どの曲は歌詞カードを見なくても歌えるぐらい好きでした。つい数年前、過去の曲を収録したCDも購入していたほどです…。しかしながら、彼が二度の脳梗塞により言葉の呂律が回らない姿をテレビで見た時、ファンとしては残念な思いに駆られましたあせ

 

出来る事なら、ずっと格好良い西城秀樹を見ていたかったと…。私にとって、西城秀樹と浜田省吾は永遠のアイドルだったのです。とにかく今は、急な訃報に驚くばかりで悲しむ余裕すら生まれてきません汗  心からご冥福をお祈りいたします…。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。


謝罪会見・・・

ここ最近というか ここ数年、ず〜っと政治家や芸能人の不倫疑惑報道が続いています…。その度に謝罪会見や言い訳会見を開いたり、今日の小室氏に至っては、何と引退発言まで飛びだす始末アセアセ 不倫って犯罪行為なのでしょうか❓ 不倫に至るまでの過程は当人同士しか知り得ないことです。あまりにも不倫=悪という風潮には若干の違和感を感じるのですが…あせ

 

お笑いタレントの宮迫氏が、不倫疑惑をオフホワイトと茶化した弁明(正確には文春側に言わされたのですが…)には さすがに腹が立ちましたが、今回の小室氏に関しては 事情が事情なだけに 同情の余地は大いにあると思っています。それにしても文春砲って、有名人の人生を大いに狂わす仕事ですよね…あせ

 

もしかしてスクープする本人らは、正義の味方にでもなった気分なのでしょうか❓ 我々の税金を給与にする政治家や、ちょっと調子に乗り過ぎた芸能人を不倫報道で成敗するのは胸がすく思いですが、今回の小室氏のようなケースを世間に暴露するのは自制してほしかったと個人的には思います汗

 

まあ、本人は引退と今は言っておりますが、ほとぼりが冷めた頃には また作曲家やプロデューサーとして電撃復帰する姿が目に浮かんできます…電球 あれだけの才能です。このまま周りの人間が放っておくわけがありませんき

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

 


違和感・・・

V6の岡田准一と宮崎あおいの結婚が巷では話題になっているようです…。ドロドロ不倫劇の末の結婚にも関わらず、不思議にメディア等は その件には一切触れず祝福の記事で溢れかえっていますアセアセ つくづくジャニーズ事務所の権力が、いかに大きいのかを まさに物語っているようです。そもそも、この2人は 今後において果たして需要があるのでしょうか? 

 

次から次へと魅力的な俳優が続出している中、ルックスはともかく 大して演技力もない2人が、この結婚によって今の人気が持続するとは到底思えないのですが…。とにかく個人的には、爽やかさや可憐さなど微塵も感じさせない 単に尻軽女の再婚といった印象でしかありませんあせ  それにしても、この2人が芸能界のビッグカップルですって? ただタダ違和感しか感じないのですが…たらーっ

 

JUGEMテーマ:つぶやき。


釈明会見・・・

斉藤由貴のW不倫相手が、横浜市の本牧で開業している医師だということが分かりました…。それにしても、ネットの力って凄いですよねあせ テレビの芸能ニュースでは、顔にモザイクをかけたり 場所も特定できないよう何かと配慮をしているというのに、全くネットの世界では容赦がないようです…アセアセ

 

個人的には、デビュー曲の「卒業」の際に一瞬ファンになりかけましたが その後は全く興味のない女優さんでした。激太りになった印象が少し影響しているのかもしれません。しかしながら昨夜、彼女のシドロモドロした釈明会見を見て、何気に好感度が上がってしまったのは私ぐらいでしょうか? 少しも釈明になっていないところに、彼女の可愛らしさを感じてしまったのです。

 

おそらく彼女は、嘘が下手で とても正直な性格かと思われます…。W不倫に関しては マスコミや我々が何も騒ぎ立てる問題ではなく、あくまでも各々家族の問題でしかありません。何も犯罪を犯したわけではないのですから…。ただ今回のスキャンダルが原因で、今後メディア等で彼女の露出がもし減ってしまったら非常に残念です。

 

今放映されているテレビドラマ「カンナさーん!」では、ちょっと意地悪な姑役を演じているのですが、とても良い味を出しているように思えます。それに50歳という年齢にも関わらず、釈明会見での あの可愛さは、石野真子レベルと言っても過言ではありません電球同年代の立場としても、今後は特に注目したい女優さんの一人になってしまったようです…。

 

JUGEMテーマ:気になる女優

 

 

 


若手男優・・・

それにしても、近頃の若手男優は非常に魅力的な逸材が多いと感じます…。つい数年前は、個人的に向井理が好感度ナンバー1だったのですが、今はそれほどでもなく その後は松坂桃李、岡田将生、福士蒼汰、坂口健太郎、山崎賢人、岩田剛典、竹内涼真といった、オッサン目線でも 大いに好感の持てる若手俳優に今は注目しているところです電球

 

よくも まあ、これほどの逸材を芸能界は見つけてきたものです。上記に挙げた若手男優の共通点としては、どれも中性的な匂いがして嫌味などを全く感じさせないのが特徴です。単にルックスや性格が良いだけでなく、男の年長者から見ても非常な可愛いがわれるタイプかと思われます。ただ、彼らの中で10年後も一線級でいられるのは 果たして何人いるでしょう?

 

演技力に長けた岡田将生を除いて、あとは好感度だけで人気を保っているようにも感じます。おそらく昔のアイドル歌手のような存在なのかもしれませんね…。ひとつ思うのは、ひと昔前は若手男優なんて全く興味がなかったのに、テレビドラマを見るようになってからというもの 若手女優より光る逸材が多いことを知った次第ですあせ

 

特に今はテレビドラマ「過保護のカホコ」の中で、麦野君役を好演している竹内涼真の演技力には感心させられています。今までにはない「妙な雰囲気の爽やかさ」を持った青年を上手に演技しているように思えます。この様に若手男優に興味を持ってしまったのは、もしかして これも老化現象の一種なのでしょうか?たらーっ

 

JUGEMテーマ:好きな俳優

 

 

 

 

 

 


演技力・・・

昨日、テレビドラマ「コード・ブルー」を初めて見ました…。過去にseason1とseason2が放送されていたのは知っていましたが、医療ドラマにヘリコプターという組み合わせが、どうもピンと来なかったのを覚えています。今回のseason3で初めて見ようと思った理由は、「逃げ恥」で時の人になった新垣結衣さんが 果たしてどんな演技をするのだろう?という興味一点でした。

 

ドラマの感想としては、いくら落ち目のフジテレビでも さすがは看板ドラマというだけあって、スピーディーな展開と安定感のある俳優陣の演技によって そこそこ面白いという印象を持った次第です…。ただ新垣結衣さんの演技に関しましては、彼女の場合 どんな役をしても 必ず新垣結衣というブランドになってしまうことが このドラマを見てよく分かりました。

 

それは全盛時の木村拓哉氏と全く同じ現象で、彼女自身の圧倒的な可愛いオーラが役柄や背景を全て呑み込んでしまうのです…。彼女が出演しているドラマは ほぼ単発で全て見ておりますが、喋りのトーンや表情が皆一緒に見えてしまいます。だからと云って 演技力がないわけでもなく、まるで嫌味を感じさせない瑞々しい透明感は どのドラマでも それなりにマッチングされて どれも面白く仕上がっています。

 

ファンでもない私がそう思うのですから、ガッキーファンから見れば 彼女の存在感や可愛さは圧倒的に映るはずです。しかしながら、個人的には今回の「コード・ブルー」を来週も見たいとは思いませんでした…。そういえば「逃げ恥」もあまり見ていません。考えてみれば木村拓哉氏の主演ドラマも殆ど見たことがないのです。

 

オーラも大変結構なのですが、やはり俳優は自らのオーラを殺してまで 多種多様な役になりきってくれた方のが、見ている側にとっては心に響きます。前クールで放送されたテレビドラマ「母になる」では、主演の沢尻エリカさんの演技力には思わず目を見張ってしまいました…。完全に沢尻エリカさんの これまでのオーラを消して 地味な母親役を熱演していたのです。

 

私ぐらいの年齢になると、テレビドラマに求めるのは やはり目の保養より 心に響く演技力が見るポイントになりますかね…。

 

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

 

 


宗教ネタ・・・

お笑いタレントの長井秀和氏が、今回の清水富美加騒動に関して盛んにツイートしている事を知りました…。何でも長井氏は創価学会の信者との事なので、今回の騒動に便乗して自らの宗教をアピールしているものとばっかり思ったものです。ところが本人のツイートを見ると、その創価学会を批判してばっかりの内容に驚かされました…アセアセ

 

こんな内容をツイートされて、創価学会は何で黙っているのでしょう? 実は私も、ある事情で今から27年ぐらい前に創価学会に在籍していた事がありました…。しかしながら、またもや ある事情から僅か2年足らずで創価学会を脱会してしまったのです。その当時の印象としては、本当に普通の人ばっかりで むしろ良い人が沢山いる宗教というイメージしか残っていません。

 

そもそも長井氏は、これほど内側から創価学会を批判しているにも関わらず何で脱会しないのでしょうか?本人曰く「自分からは脱会しません。 除籍・除名された方が面白そうなんで。 創価学会側から言われるまでは、在籍はしてるとは思います。救いたいとか、助けたいとかは特に無いんですよね」…。とても創価学会の信者とは思えないコメントを残しています。

 

もしかして、これこそ創価学会の狙いなのかもしれません。たとえ信者であっても、不平不満があれば自由に発言できる環境が整っている宗教と世間にアピールしたいのでは…?その広告塔を買って出ているのが長井氏であれば、数々の学会批判も頷けるのですが…汗

 

宗教ネタはタブーとされている風潮の中、あえてそのタブーネタで勝負する長井氏…。ただライブでは大爆笑らしいのですが、どういうわけかメディア等には一切顔を出していません。これは、もしかして大手の広告会社に多額を金を収めている創価学会の圧力なのでしょうか?

 

10数年前「間違いないっ!」という決め台詞でブレイクした長井氏ですが、これまでの創価学会批判が果たして本気なものなのか それともポーズなのかは少々気になるところです。でも このライブ映像を見ると、あながちポーズとは言えないかもしれませんね…たらーっ

 

JUGEMテーマ:創価学会の問題

 

 

 


出家騒動・・・

あまちゃんファンとしては、今回の女優・清水富美加の出家騒動には別の視点で感じるものがありました。それは能年玲奈という本名を使えなくした芸能事務所レブロに対するものです…。当初は能年側の方に、洗脳騒動の報道も手伝ってか 非があるのではないかと思ったりしたのですが、ところが今回 清水富美加も同じレブロに所属していたとなると 単なる偶然とは思えません…。

 

今現在、数多くの魅力的な若手女優が活躍しておりますが、どうも清水富美加だけは どこが良いのだろう?と、常々理解出来ないでいました。よって今回の騒動で芸能界から一線を引くことに関しては何とも思っていませんアセアセ ただ、あまちゃんでキラキラの演技を見せてくれた、現在のんという芸名で活動している女優さんだけは何とかならないのでしょうか?

 

せめて本名である能年玲奈という名だけは 使わせてあげればいいのにと思ってしまいます…あせ たとえ芸能界のルールに従っていなかったとはいえ、自分の本名さえ使えなくさせているレブロという事務所は果たして人道的と言えるでしょうか? 今回の件にしても、途中で仕事を投げ出して良いぐらいの仕打ちをさせていたのかもしれません…。

 

これは、決して当事者同士にしか分からない深い闇を感じます。どんな業界にせよ 深い闇は存在するのでしょうが、幸いにして私は深い闇に今のところ遭遇したことはありませんたらーっ あくまでも想像の世界ですが、芸能界の場合、10代・20代で数多くの闇を経験していくのかと思うと、おそらく精神年齢は普通人の数倍に当たるのではないでしょうか…。

 

彼女が出家することによって、世間からのイメージが悪くなることも おそらく想定内かと思われます。今後レブロ側と幸福の科学側がどの辺で落としどころを見出すのかは大変興味深いところです。そして今現在も、レブロのホームページでは能年玲奈という名前が存在します。ようするに今芸能界は、のんと能年玲奈というふたりの同一人物が存在しているわけですアセアセ

 

個人的には清水富美加の件より、この能年玲奈の件をしっかり片付けてほしいのですが…。今現在、のんという芸名で中途半端な芸能活動に追いやられている姿を見ると、あまちゃんファンとしては本当に残念としか言いようがありません汗

 

JUGEMテーマ:能年玲奈

 

 

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM