堀口恭司・・・

やはり昨日のK-1は面白かった…。武尊選手、武居選手の強さも さることながら、皮肉れた皇治選手のスター性、芦澤選手のヒール役も大分板についてきて、昔のK-1とは またひと味違った魅力を十分に見せてくれました。そして来週はRIZINの舞台で、いよいよ那須川天心VS堀口恭司という、格闘技ファンにとっては大注目の試合が控えています。

 

武尊VS那須川天心という夢のカードが、大人の事情で実現不可能となっている今、この那須川VS堀口戦以上のカードは 現在の日本格闘技界では残念ながら見当たりません。しかしながら、堀口恭司選手の本職はキックボクシングではなく あくまでも総合格闘技…。誰が見たって那須川天心の優位は動かないのです。

 

これは勝手な推測ですが、おそらく堀口選手はK-1という鎖国的なキック団体に「あくまでもアンタらが天心と戦わないのなら、本職ではないキックルールでも あえて自分が戦ってやる!」という無言のメッセージを送ったのではないでしょうか…。K-1側と選手との契約条項では、K-1のリングで試合を行った場合、その試合から1年間は対外試合を禁じるといったものがあります。

 

ようするに、一度K-1のリングに上がってしまうと、その後 他の団体で試合を希望する場合 1年間もリングに上がれなくなってしまうのです。試合をしたかったら、常にK-1のリングに上がり続けなければなりません。数年前、武尊選手がRIZINの舞台に上がった時は そんな契約条項はなかったのに、何でこんな奴隷制度のようなものをつくってしまったのか❓ これでは天心選手がK-1に来ない限り、永久に武尊VS天心、武居VS天心といった究極のキックカードは夢のまた夢…。

 

複数の団体で活躍する天心選手にしたって、こんなK-1の奴隷契約に応じれるわけもなく…。それはともかくとして、総合格闘技では無敵の堀口選手が、あえてキック界の神童 那須川天心に挑む姿を見て 武尊選手は何を思うのでしょうか…。きっと熱いものを感じてくれるのでは❓ とにかく日本の格闘技界を真剣に盛り上げたいという堀口選手の男気には、まさに脱帽の一言です。来週の那須川天心VS堀口恭司戦は、言うまでもなく全力で堀口選手を応援するしかありません…。

 

JUGEMテーマ:K−1


無難に・・・

ここ最近のカープの試合…。別に手を抜いているワケではないでしょうが、どうも強さが こちら側に伝わってきません。燕とジャイアンツには異常なほどの強さを発揮するくせに、他球団との対戦では全く脅威を感じさせないのは なぜでしょう❓ ジャイアンツの場合、やはり何だかんだ言っても 全国区の人気球団が相手という事でカープ側に燃えるものがあるのかもしれません。

 

燕の場合は、去年までカープのコーチだった石井氏と河田氏が燕のベンチにいる事で、逆に選手たちのモチベーションが上がっていることが推測されます。そう考えると、CSにはタイガースとドラゴンズが進出した方が 番狂わせの可能性が期待出来るのかもしれません。ただ、そうなると 何のために長いシーズンを戦ってきたのかという議論が必ず噴出されます…。

 

そう考えると、やっぱり今シーズンにおいては 燕とジャイアンツがCSに行くことが一番無難ということになります。ほぼ100%の確率でカープが日本シリーズに進出することになるので、CSに関する面倒な議論は回避されることになるでしょう…。今のCS制度を長く続ける為にも、どうか丸く収まってくれることを願います…。

 


集中・・・

さすがに3日も燕の試合がないと、日々のテンションも湿りがちになっていました…。ようやく今日、久々に試合があるのは良かったのですが、いきなりの3失点とは情けない…。今日はひたすら仕事に集中することにします。

 


過密日程・・・

野外球場の雨天観戦ほど、残念でつまらないものはないと思っています…。ましてや、昨日のカープVSタイガース戦などは 本来中止にしなくてはならないほどの悪天候…。これもタイガースの過密日程を考慮しての試合決行なのは理解出来ますが、そもそもCSと日本シリーズの開催日を当初から遅らせればいいだけの話しだったのでは❓

 

特にレギュラーシーズンの終了日とCS開始日の期間があまりにも短すぎます。当初に10日間ぐらいの間隔を空けていれば、今回のような事態は回避されたはず…。最終的に5位のチームがCSに進出なんて事になれば、日本プロ野球機構の責任を問う意見は非常に大きくなるものと思われます。それともレギュラーシーズンとCSの間隔を、どうしても詰めなくてはならない理由が他にあったのでしょうか❓

 

それにしても、日付けを跨ぎながら 昨夜のタイガースの勝利は見事としか言いようがありません。何とか残り18試合を、意地でも11勝7敗で乗り切ってほしいと願うばかり…。そうなれば、タイガースにもCS進出の目がかなり大きくなるのでは❓ いずれにせよ来シーズンの日程に関しては、日本プロ野球機構もより真剣に取り組んでもらいたいものです。

 

そういえば昨シーズンのCSでも、タイガースVSDeNAで激しい雨の中の試合がありました…。両軍泥だらけになって、選手にしても まともなパフォーマンスが出せない状況化に合ったことを 機構側はもう忘れてしまったのでしょうか❓ そういった意味では、CSと日本シリーズの間隔も予備日を含めて現状の中4日ではなく、最低7日間は設けてもらいたいものです。 このような議論が面倒なら、いっその事 全ての球場を開閉式のドーム式に改築するべきでは…。

 

JUGEMテーマ:阪神タイガース


判官贔屓・・・

何だかここに来て、金本監督と高橋監督が非常に気の毒に思えてきました…。元々、2人とも自ら望んで監督になったわけではなく、球団からの熱いラブコールに屈してしまった経緯があります。おそらく2人とも、色々な経験を積んだ上で いずれは監督になりたかっはず…。 とにかく今シーズンにおいては、タイガースファンもジャイアンツファンにしても、金本悪・盒彊の一色と化してしまっています。もちろん、コーチ陣にも怒りの矛先を向けられていることは言うまでもありません。

 

燕ファンとしても、昨シーズン、記録的は敗北を屈した燕の指揮官、真中氏への怒りは相当のものがありました。挙句の果て「来シーズン、たとえ指揮したとしても勝てる気がしない…」といった名セリフを吐いて自ら監督を辞めてしまったのです。誰よりも現場をよく把握している監督が「来シーズンも勝てる気がしない…」との言葉は、ファンにとっては 非常にショッキングな内容だったことを昨日のように思い出されます。

 

そんな真中氏に比べたら、金本監督も高橋監督も立派に戦っていると思うのです。ましてスワローズといったチンケな球団ではなく、誰もが認める大人気球団を預かっているわけで、そのプレッシャーなんてものは 並大抵のものではないと推測します。ロクな経験を積ませぬまま監督に仕立て上げた、むしろ球団側の責任の方が遥かに大きいと感じます。現役時代、共に球界のスーパースターであった2人が、心ないファンから罵声を浴びせられる姿など見たくありません…。

 

こうなったら、3位の座はタイガースとジャイアンツに争ってもらうことを希望します。秘かにドラゴンズの3位を願っておりましたが、ここまで叩かれまくっている この2人の指揮官を見ていると もはや応援せずにはいられません。燕の2位が現実味を帯びてきた今、眠っていた判官贔屓の精神が久々に蘇ってしまいました…。

 

 

 


山本KID徳郁・・・

格闘技ファンにとって、山本KID徳郁氏の死去のニュースには大変驚きました…。いったい何の種類のガンだったのでしょう❓ あえて詳細を明かさない理由が非常に気になるところです。それにしても、ガンを公表してから僅か1ヶ月弱で亡くなってしまうとは…。おそらく、公表した時は 既に末期だったことが想像されます。本当にガンって怖ろしい病気ですよね…。山本KID氏のご冥福を祈ると同時に、内弟子の堀口選手が那須川天心を打ち負かす姿を 是非とも見せてほしいものです…。

 

JUGEMテーマ:格闘技全般


広島アレルギー・・・

またカープに負けた…。でも燕ファンにとって、昨日のカープ戦は 近い将来 燕の黄金時代を予感させるものだったはず。将来の左腕エース、21歳 高橋の快投、将来の4番、ドラ1ルーキー18歳 村上のホームラン、将来のクローザー、19歳 梅津のナイスリリーフと、若き燕戦士が非常に躍動した一日となりました。そういった意味では 価値のある敗北と言えるのかもしれません。

 

それに引き換え、山田とバレンティンの無気力とも思えるプレーぶりにはガッカリ…。チャンスに滅法弱い トリプルスリーと打点王に、とても価値なんて見出すことは出来ません。見た目の成績とは裏腹に、2人とも本当に魅力の薄い選手になってしまったものです。カーブの丸選手、ジャイアンツの岡本選手、ドラゴンズのビシエド選手の爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい気分です…。

 

それにしても 燕の広島アレルギーは もはや尋常ではありません。本拠地の神宮でさえ勝てないのに、ましてや敵地のマツダで勝てるはずもなく…。たとえファイナルステージに進出したとしても、燕の勝機は限りなくゼロに近いと感じます。いっその事、ドラゴンズがCSに進出してくれた方が 盛り上がるかもしれませんね…。実は、燕の次に応援している球団は 何を隠そうドラゴンズなのです。

 


ドラ1デビュー・・・

今朝のネットニュースを見て思わず鳥肌が立ちました…。今日のカープ戦から、何と18歳の燕ドラ1 村上選手が一軍に初昇格するとのこと…。同学年の清宮選手と同等の実力がありながら、じっくりと二軍で育て上げられた大型新人が いよいよ晴れの舞台でデビューするのです! 燕ファンとしては 本当に待ちに待った朗報でした。

 

大事なCS争いの渦中の中、まさか このタイミングで村上選手を初昇格させた首脳陣の決断と勇気には 素直に拍手を送りたいと思います…。逸材としては間違いなく山田選手と同等、何しろ一年目の2軍成績では山田選手を遥かに凌いでいます。近い将来、右の山田と必ず比較されるであろう 左の村上のシェアで豪快なバッティングに今夜は期待大です。

 

 

 


3位争い・・・

燕がタイガースに連勝したことによって、ほぼ2位は手中に収めたものと感じます。今日の時点で3位以下が 借金7と借金10のチームしかいなくなってしまいました…。さすがに今後3位以下のチームが、勝率5割にまで持っていくことは とても不可能なことかと思われます。しばらくは 安心してスワローズ戦を見ることが出来そうですが、それにしても3位に滑り込む球団は果たして何処になるのでしょうね❓

 

やはり本命はジャイアンツなのでしょうか…。あまりにも低レベルの争いで、全く予想がつかない展開になってしまいました。まあ、それはそれで面白いのですが 燕ファンとしては、完全に残り4球団を現在見下しております…。何となくカープファンの気持ちが、僅かながら分かってきたようで 妙な優越感に今浸っております。

 


首脳陣の差・・・

昨日の勝利で、いよいよ燕がCSに進出する可能性が かなり高まってきました。残り18試合を9勝9敗で乗り切れば確実、仮に6勝12敗だとしても、他球団の不甲斐なさを鑑みて 最低3位には滑り込めるのではないでしょうか…。昨シーズン96敗という歴史的敗北を屈してしまった燕が、まさかここまで善戦してくれるとは本当に想定外でした。

 

これもひとえに、宮本ヘッド、石井氏、河田氏のコーチ加入が非常に大きな力となったことは間違いないところ…。それに加え、ジャイアンツから来た田畑ピッチングコーチ、燕生え抜きである土橋コーチ、宮出コーチの存在も見逃せません。これらの優秀なコーチ陣によって、今シーズンの燕は完全に蘇ったわけです。そのコーチ陣をまとめ上げた小川監督にも 多少の貢献があったのかも知れませんが…。

 

そして何より驚いたのは、メジャー帰りの青木選手の大活躍でした。当初はチームの精神的支柱になり得たとしても、試合での活躍は さほど期待していなかった燕ファンが多数だったはず…。年齢もそうですが、シーズン序盤戦での情けない凡退を繰り返す青木選手を見て、むしろ高い買い物であったとガッカリさせられたものです。

 

それが今では、燕にとって絶対必要不可欠な選手になってしまうのですから 本当にプロ野球の世界って分からないものです。現在、燕の貯金はひとつですが、何とか このまま貯金を上積みして 是非ともCS進出に恥じない成績を上げていってほしいものです。ところで、DeNAのラミレス監督が プランBに切り替えて今だ2位を狙うという趣旨のコメントを目にしました…。

 

もしや選手のモチベーションを上げてるつもりでしょうか❓ 戦力的には明らかに燕よりDeNAの方が上のはずです。確かに選手の調子良し悪しはあったとしても、今シーズンのDeNAは明らかに首脳陣による判断ミスが大きいと感じます。とにかく選手のモチベーションを下げるような采配が目につきました…。それは、ジャイアンツもしかりタイガースにも感じることです。

 

そもそも強いカープは例外としても、その下のセリーグ順位に関しては 明らかに首脳陣の差が今の結果に繋がっているのかもしれません…。

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM