ウインブルドン大会閉幕・・・

結局、ジョコビッチの優勝で幕を閉じたウインブルドン…。フェデラー、ナダルに続き、とうとうジョコビッチまで完全復活となってしまいました…。これでマレーまで復活したら、また2〜3年前以前に逆戻りで 再びビッグ4の時代が到来してしまような予感がします。あれだけ限りなくハードなスポーツなのに、何で いつまで経っても フェデラー、ナダル、ジョコビッチといったベテランの時代が続くのでしょうか❓

 

しかも3人ともケガで、一時はランキングだって20位以下にまで落ち込んでいた時期があったのです。それなのに、そこから這い上がって再びグランドスラムの大会で優勝をさらってしまうとは、もはや人間としてのパフォーマンスの度を超えてしまっています。個人的にはこれまで、テニス界の枠を超えてスポーツ界の神様はフェデラーとナダルの2人のみと思っておりましたが、今回の優勝によって ジョコビッチも神の領域に足を踏み入れたかもしれません…。

 

それにしても、20代前半の次世代ナンバー1候補と呼ばれる若手選手らは いったい何をしてるのか❓ 特にズべレフとティエムに関しては、とっくにランキング1位、2位を独占出来るほどの実力があるはずなのに、肝心なところで いつも錦織のような伏兵に足元を救われてしまっています。常々、勝負事は技術よりメンタルの方に比重がかかかるとは よく言ったものです。

 

そう考えると、フェデラー、ナダル、ジョコビッチといった強者のメンタル構造はどうなっているのでしょう❓ 是非とも科学的な観点から検証してほしいのですが…。この3人に関しては、本当に同じ地球人とは思えないのです。

 

JUGEMテーマ:男子テニス

 

 

 

 


委任物件・・・

委任の物件が増えることは大変嬉しいのですが、売れないことにはどうにもなりません。特に委任期間が約1ヶ月半の物件だと尚更です…。どうせ期間中には売れないだろうと思いつつ、今日はひたすら物件登録に精を出していました。でも、錦織がジョコビッチに勝つ確率よりは若干高いかもしれません…。

 

JUGEMテーマ:仕事のこと


ケビン・アンダーソン選手・・・

テニスのウインブルドン大会で、アンダーソン選手が先日のフェデラー戦に続き、イスナー選手にも勝利して決勝までコマを進めました。フェデラー戦は先にマッチポイントを与えた後、フルセットに持ち込んでの大逆転勝ち、そして昨日のイスナー戦では 何と6時間36分に及ぶ大激闘を演じての勝利です。もはや体力はボロボロかと思われます。

 

そもそも6時間36分という とてつもなく長い試合になったのも、最終セットに関してはタイブレイク方式を取り入れてないことが原因でした…。相手に2ゲーム差をつけるまで ひたすらゲームが続くのです。結局26-24というスコアで決着は着いたのですが、通常6ゲームを取ればセットが奪えるものを、合計50ゲームという 信じられない戦いを展開した両者の精神力には もはや脱帽としか言いようがありません。

 

今でこそランキングでは錦織選手より上ですが、つい数年前までは 錦織選手によく負けている印象が強かったアンダーソン選手…。確か年齢だって錦織選手より上のはず…。そんなアンダーソン選手が、まさか四大メジャーの決勝戦まで勝ち上がれるとは いったい誰が想像したでしょうか❓ しかも、芝の絶対王者フェデラーに勝っての勝ち上がりです。今だに信じられません…。

 

決勝戦の相手は、錦織選手を下したジョコビッチか それともナダルかは まだ分かっておりませんが、おそらく6時間越えに及ぶ準決勝の影響から どちらが相手でもアンダーソン選手の敗戦は濃厚かと思われます。そう考えてしまうと、何で最終セットだけ タイブレイク方式が採用されないのか❓ 大いに疑問に感じます…。

 

それにしても、決して派手ではなく地味で堅実、試合中のプレーでは あくまでも紳士的な振る舞い、そして次世代の若手ナンバー1候補が次々と出現している中、この様なアンダーソン選手が四大メジャーのファイナリストに勝ち残ったことは、おそらく錦織選手にとっても大いに励みになるのでは❓  しかしながら、今の錦織選手とアンダーソン選手を比べてしまうと、技術面・メンタル面共々、大分差をつけらてしまいました…。

 

かつての錦織ファンとしては 大変残念に思いますが、とにかく今は アンダーソン選手が少しでも体力の回復に努められるよう願うばかり…。そして決勝戦の相手は、いずれも化け物のような人間です。当たって砕けろの精神でブツかっていくしかありません。錦織選手が見せてくれなかった奇跡の瞬間を、次は是非ともアンダーソン選手によって見せてほしいものです。

 

JUGEMテーマ:錦織 圭

 

 

 

 

 


オールスターゲーム・・・

今日からプロ野球はオールスターゲームです。何を血迷ったか、某恥さらし球団からも数人が出場するとの事…。オールスターゲームのような華々しい場所で楽しむ暇があるなら、その時間を使ってみっちり練習しろ!と言いたい気分です。どうせ活躍なんか出来っこないし、おそらく恥の上塗りをするために出場するようなものですから…。

 

それに交流戦という制度が存在する現在、もはやオールスターゲームなんて必要ないのでは❓ そもそも くだらないお祭りゲームを見て、心から楽しむ人なんていますか❓ ここ数年、腹立たしい某恥さらし球団のせいもあってか、めっきりオールスターゲームから興味を失せってしまっております…。

 

 

 


解体・・・

やはり奇跡は起こりませんでした…。あまりにも無様な試合内容を見て、もう二度と錦織の試合は見ないと誓います…。そして、それ以上に無様なのは、東京の某恥さらし球団…。いっその事、選手を乗せた移動中の飛行機が墜落でもしてくれないでしょうか…。これは半分冗談としても、全てを解体して 一からのチーム作りを至急するべきものと感じます。とにかく、昨夜からの気分は超最悪、かなり今日の仕事にも支障をきたしたかもしれません…。

 


ベスト8・・・

昨夜、錦織選手の試合を久々に見ていました…。第1セットを相手の圧倒的なパフォーマンスによって落とした後、仕切りに右肘を気にしていた錦織選手…。やがてドクターを呼んでメディカルタイムアウトを要求した時には、また虚弱体質によるお得意の棄権をするものと思ったものでした。ところが そこから脅威の粘りを発揮して、何とこの苦しい試合を拾ってしまったのです…。

 

これで自身初のウインブルドンでのベスト8進出です。こうなると日本のメディアも俄かに騒ぎ出し、さらには俄かファンまでもが、錦織選手の四大メジャー初優勝をつい期待するといった、本当に馬鹿げた発想が生まれてきます。ここで断言したいのは、錦織選手は四大メジャーで勝てる要素が全くないという事です。

 

ここ10年、錦織選手の試合を見続けたテニスファンなら分かると思いますが、錦織選手は四大メジャーで勝ち残れる体力、サーブ力、そしてメンタル面が他のトップ10選手と比べても かなり落ちてしまいます…。どんなに錦織選手が好調を維持出来たとしても、うまくいってベスト4が精一杯というのが実状なのです。

 

ただ、四大メジャーでベスト8に残るということは、他のスポーツ競技では世界トップを取ったのと同レベルといっても過言ではありません。昨夜の試合を見て、あらためて錦織選手が日本人史上ナンバー1のスポーツ選手であることを証明して見せてくれました。それでも、次のジョコビッチ戦では善戦虚しく敗退する確率が99%…。

 

仮に1%の奇跡を起こしたとしても、次の相手がナダルかデルポトロ…。身体ボロボロの錦織選手は無惨なストレート負けを喫する確率が100%となるわけです。それが痛いほど分かっていながら、つい奇跡を信じたくなるのが人間のサガといったところでしょうか…。まあ、しょうもない試合で無意味なサイクル安打を見せられるより、よっぽど錦織選手の負け試合を見ていた方がマシかもしれません。

 

JUGEMテーマ:錦織 圭

 

 

 

 

 

 


七不思議・・・

ついに5連敗…。ふたたび 恥さらし球団に逆戻りするつもりでしょうか❓ 今夜負ければ借金6、もはやデットラインを越えたといっても過言ではないでしょう…。宮本ヘッド、石井氏、河田氏ら 超期待のコーチ陣したって かなりの危機感を感じているはず…。本当に使えないクズばかりで 非常に酷かとは思われますが、ここは首脳陣が一丸となってチームの立て直しを図ってほしいものです。

 

それにしても、DeNAとオリックスが2対2の緊急トレードを遂行したのには驚きました…。燕だったら中村、上田、比屋根、武内の4人と交換してあげれたのに…。ついでに欲しければ成瀬だってタダで差し上げましたよ。いや、所詮 クズ中のクズを5人集めたところで、どうせ何処の球団も まともに相手をしてくれないか…。

 

今日、大谷選手が内角低め154キロのツーシームをホームランにしましたが、燕の選手で あの球を打てる人間は誰一人いません…。仮にバットに当たっても、詰まった内野のポップフライが関の山…。燕のレギュラー選手が全員で束にかかっても、大谷選手ひとりの存在価値には到底及びません。何でこんなクズ球団のファンになってしまったのか❓ さらに何で こんなクズ球団のファンを辞められないのか❓ 自分の中でも 七不思議のひとつであります。

 

 

 


ウインブルドン・・・

ここ最近、全くテニス中継に興味がなくなっています…。そんな中、現在開催されているテニスの4大メジャーのひとつ、ウインブルドン大会(全英オープン)にて錦織選手は、自ら芝人生でトップの試合という自画自賛の内容でベスト16に勝ち上がったとの事…。この選手は本当に不思議な存在で、注目を全く浴びなくなった途端、急に格上の強豪選手に勝ったりするのです。

 

そして再び注目を浴びると、なぜかコロッと負ける習性を持ち合わせています。今回にしても、苦手な芝コートで強豪キリオス選手を撃破したことには非常に驚かされました…。次戦はベスト8を掛けて、予選から勝ち上がって来た格下の選手…。クジ運や他の強豪選手が負けるといった強運も手伝って、自身初のウインブルドンでのベスト8は濃厚かと思われます。

 

問題は いつもその次の試合なのです…。順当に行けば 落ち目のジョコビッチ選手が次の対戦相手となるわけですが、ここでの負け確率は常に100%となります。本人はもちろん残念な気持ちで一杯でしょうが、応援する側にとっても思いっきり落胆させられてしまうもの…。確かに日本人史上最強のテニスプレーヤーというのは疑いのない事実ですが、スーパースターが持ち合わせているカリスマ性が全くないのも事実…。

 

良い線まで行っときながら、必ず次は予想通りに負ける…。この習性は錦織選手だけでなく、もしかして日本人スポーツ選手 全てに言えるかもしれませんが、やはりファンとしては良い意味で予想を裏切ってくれる真のスーパースターを求めてしまうもの…。W杯ベルギー戦での大逆転負けのショック、ケガ明けの影響なのか大谷選手の不調、ここに来て燕の4連敗…と、何気に暗い話題の多いスポーツ界でありますが、こういう時だからこそ 錦織選手にはジンクスを打ち破ってほしいものです。無理だとは思いますが…。

 

JUGEMテーマ:錦織 圭


更年期?・・・

交流戦明けの燕の戦績は、2連敗・5連勝・今日負けて4連敗と、何でこんなに浮き沈みが激しいのでしょう❓ ここ最近、仕事上でのイライラが募ってるというのに、さらにはスマホゲームでのイライラ、そして燕の試合でもイライラさせられっぱなしでは、もはや爆発寸前といったところです…。

 

どれか ひとつでも、気分がスカッと晴れるような展開になってくれたら、このイライラ感も大分解消されるというのに…。とにかく、今現在のバイオリズムに関しては、今年最悪なのは間違いなさそうです…。もしかして ちょっとした更年期だったりして❓

 

 

 


イライラ度MAX・・・

たかがスマホゲーム、されどスマホゲーム…。今日でログイン日数311日目となる「逆転オセロニア」。今月は思うように勝てません…。5連勝したかと思えば10連敗を喫します。なかなかダイヤモンドマスターに戻れないのです。もはやイライラ度はMAXに達しております。

 

一番へこむのは、対戦相手のニックネームが「勝てない小5」「中学受験野郎」といった、あきらかに小学生らしき人物に負けた時…。いったい大の大人の自分は何をしているのだろう❓ これほどの屈辱はありません…。これまで私のゲーム上のニックネームは、死んだ愛猫の名前を利用しておりましたが、次回からは「もうすぐ中学生」に改名しようと思います。

 

自分自身が受けた屈辱を、是非とも他人にも味わせたいので…。何かこのゲームをやるようになって、ますます性格が歪んできているように感じてます…。

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM