ジャイアントキリング・・・

現在、総合格闘技で日本人歴代最強の選手といえば、格闘技ファンの誰もがバンタム級の堀口恭二選手と答えます。RIZINとベラトールという団体の世界タイトル保持者であり、ここ4年半での敗北はありません。唯一キックルールでの那須川天心戦には敗れましたが、畑違いのルールでも神童天心と互角の勝負を繰り広げたことで、堀口選手の格闘技界最強論は高まる一方でした…。

 

28歳という年齢でありながら、さっぱりした人格者という印象もあってか人気もうなぎ登りの選手だったのですが、そんな堀口選手が昨日ショッキングなKO負けを屈してしまったのです。これは まさに衝撃的な事件といっても過言ではありません。格闘技ファンの誰もが99.9%堀口選手の勝利を信じていたのですから…。

 

しかしながら、敗れた相手は今話題の朝倉兄弟の弟、朝倉 海選手…。冷酷でカリスマ性を感じる兄、朝倉未来とは違って 愛嬌と礼儀をわきまえたアウトサイダー出身の25歳の叩き上げです…。兄の未来選手もアウトサイダー出身ですが、このアウトサイダーとは全国の不良が集まって喧嘩ナンバー1を決める大会の事です。一応階級別となっていて、兄弟2人ともこのアウトサイダーではチャンピオンになっているので 相当に強いことは以前から知られていました。

 

プロデビューしてからの2人は連戦連勝を重ね、特に兄 未来選手に関しては衝撃的なKO勝ちも多く、今や格闘技界でも人気ナンバー1の存在かもしれません。おまけに現在ユーチューバーとしても活躍するマルチな才能の持ち主でもあります。そんな兄の影に隠れ、実力は認められながらも 今一つブレーク不足の海選手が、まさかあの堀口選手を68秒でKOしてしまうのですから、本当に格闘技は怖ろしい競技と感じます…。

 

おそらく今年から来年にかけて、朝倉兄弟は今以上にブレイクして有名になることでしょう。ただ、若干心配なのは、兄の未来が ここ最近ユーチューバーの方を本業としている感が否めず、動画のUP率が非常に多いのが気になります。日本人格闘家として、久々にカリスマ性を感じる逸材なので、どうか格闘技の方でもっと力を注いでほしいと願うばかりです。でも、YouTube収入の方が格闘技のファイトマネーより稼いでいるようなので ある意味仕方がないのかもしれませんね…。

 

JUGEMテーマ:格闘技全般

 

 

 

 

 


通常営業・・・

8日間の夏季休暇が終了して 本日から通常営業をしておりますが、只今凄まじいほどの睡魔に襲われています…。例年、休み明けの日はリハビリ的な観点から 殆ど重要な仕事を入れないのですが、今年に限っては例外で 朝から結構ハードな仕事をこなす運びとなりました…。取り合えず本日無事に全ての業務が終えたことで、ホッとしたのか 一気に睡魔が襲ってきたようです。

 

幸い明日は大した予定もなく、かなりリラックス気分で仕事が出来そうです。おそらくエンジン全開といくのは、19日ぐらいになるのでしょうか…。ただ今は、ひたすら眠いだけです。

 

JUGEMテーマ:仕事のこと

 

 


42年振りの日本人メジャー制覇・・・

かつて女子プロのゴルフ中継で、これほどまで痺れる感覚でテレビに見入ったことがあったでしょうか…。そして今でさえ、まだ興奮が冷め止まない状況です。全英女子オープンでの渋野日向子選手の数々の信じられないパフォーマンス振りは、これまでの日本人アスリートの気質を根底から覆すような見事過ぎる優勝でした…。

 

去年、大躍進した女子フィギュアの紀平選手にも大変驚かされましたが、今回の渋野選手に関しては それ以上の衝撃を受けてしまったかもしれません。普通は極限状態になってもおかしくない状況下の中、平然とカメラの前でお菓子をお道化て食べる彼女の姿には まさにスーパースタの片鱗を見た思いがします。

 

見ているこちら側が 激しい緊張感に襲われているというのに、一体彼女のメンタル構造はどうなっているのでしょう❓ そして、あの可愛らしいスマイルで 多くのギャラリーたちを虜にするカリスマ性には脱帽の一言しかありません。スマイルシンデレラとはよく言ったものです。彼女は一気に 世界中のゴルフファンのハートを射止めてしまったのです。

 

昨夜テレビに見入った時間は4時間以上…。彼女が途中3番ホールで4パットのダブルボギーを叩いた時点で、普通なら ここで寝てしまうのですが、なぜか今回は最後まで彼女のプレーを見てみようと思ったのが不思議です。挙句の果て、最終18番ホールで劇的なバーディー締めで優勝をしてしまうのですから、もはや彼女の大ファンになってしまったことは言うまでもありません。

 

ダイナミックなプレースタイルに確かなパッティング技術、そしてあのスマイルに とてつもないカリスマ性を兼ね備えた渋野日向子選手の今後には大注目です。おまけにコメント力にも確かなセンスが感じられます。それにしても凄い日本人女性が現れたものです。しかも まだ若干20歳とは…。本当に今後が楽しみで仕方ありません。

 

JUGEMテーマ:女子ゴルフ

 

 

 

 

 

 

 


異端児

去年の10月、当ブログにおいて左記の内容を投稿したことがあります→http://housecall.jugem.jp/?day=20181026まさか、その渦中の人物が、今回の参議院選挙にて晴れて国会議員になるだけでなく「NHKから国民を守る党」の代表として政党要件まで満たしてしまうのですから 驚いたというよりは ちょっと信じられない感覚です。

 

当の立花氏は かなり面白い人物かとは思いますが、ましてや北方領土に対する発言等で何かと批判を浴びている 無所属の丸山穂高衆院議員を自身の政党に勧誘したりと、一体何を考えているのか さっぱり理解に苦しむ行動をしています。確かにNHKに受信料を払わなければならない現況のシステムには若干の疑問を感じていますが、ただそれだけで こんな危険人物を国会に送り込んで良いのでしょうか…。

 

まあ、久々に異端児の政治家が誕生してくれたことで、ここ最近つまらない国会が ちょっとばかり盛り上がってくれるのではないかという若干の期待はしております。とにかく区会議員から 一気に国会政党の党首にまで登り詰めた立花氏には今後も要注目したいと思っています。

 

JUGEMテーマ:政治家

 

 

 

 


素朴な疑問・・・

今から遡る事、約5〜6年前はTwitterやLINEといったSNSを ほぼ毎日駆使して利用しておりましたが、今現在となっては連絡でLINEをたまに使用するぐらいになっています。完全に時代と逆行する形になってしまいましたが、SNS依存症の人が多い今の世の中において、ある意味 人の意見を気にしない体質になったように自分では感じています。

 

ただ そうは言っても、スマホゲームなどをやる場合など データを引継ぎしたり保存等をするには どうしてもSNSとの連携が必要不可欠となります。私の場合、「逆転オセロニア」をするだけの為に また新たにTwitterのアカウントを取得したのですが、つぶやきなどは一切しない、ただ単にゲームをするが為のアカウント取得のつもりでした…。

 

しかしながら 結局、「逆転オセロニア」の為に各種関連サイトをフォローしたら、毎日のように見たくもない知らない人々のつぶやきがスマホに入ってくるようになってしまったのです。ある事がキッカケとなり Twitterのアカウントを削除したのに、何となく腑に落ちない状況下に陥ってしまいました。

 

今の世の中、やはりSNSなしで生きていくのは所詮無理な話しなのでしょうか…。ちなみに私の逆転オセロニア歴は、本日でログイン日数698日となり、公式戦の勝利数はついに19,800勝を達成しました。果たして この数字は全国レベルではどれぐらいになるのでしょう? そもそも私の年齢で、これだけ集中的にスマホゲームをやり遂げている人間はいるのか? そんな素朴な疑問を感じている今日この頃です。

 

JUGEMテーマ:スマホゲーム

 

 

 


謝罪会見・・・

先日、お笑いの宮迫氏と田村氏の謝罪会見を見たのですが、物の見事に世間の空気を一変した会見だったように感じます…。これまでの彼らの印象というば、あくまでも個人的ではありますが 宮迫氏は軽薄な感じで決して好感が持てない人物、田村氏に関しては単に人柄の良さしか売りのない人物といった印象しかありませんでした。

 

そして今回の闇営業による金銭授受によって、テレビ界から消えてくれることを内心喜んでいたのですが…。ところが先日の謝罪会見を見た後は、一気に2人の好感度が上がってしまって むしろ今後は応援したいタレントに変化してしまったのです…。単細胞と言われてしまえば それまでですが、多く人々の心を打った会見であったことは間違いないものと思われます。

 

これまでも多くのタレントらが様々な謝罪会見を行ってきましたが、今回の会見ほど成功した例はちょっと記憶にありません。世間の空気が変わると、所属先の会社も対応せざる得なくなってしまう…。まさか、この展開を予測しての会見だったのでしょうか? とにかく、近年稀にみる見事過ぎる謝罪会見には ただ感心するばかりです。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。


淡い期待・・・

もはやセリーグは、完全にジャイアンツの独走状態と化してしまいました。もちろん金を使いまくって獲得した戦力が機能している面もありますが、やはり原監督の見事な采配による影響が大きいのではないでしょうか…。常にドッシリ構えて、敵に浮足だったところを決して見せないところは さすがに百戦錬磨の大物監督の風格さえ感じさせます。

 

当初などは、半分タレントのようなコーチ陣を採用した原監督には批判が集中していたはずなのが、今では宮本、元木両コーチの仕事振りは誰もが認めるところ…。やはり監督がしっかりしていると、チーム全体が引き締まっていくことを 今のジャイアンツを見ると痛感させられてしまいます。

 

片や最下位のスワローズはどうでしょうか…。無能、不幸面、実績の乏しい最悪の人物が指揮をとっています。当初はかなり期待していた宮本ヘッドコーチでしたが、今では単なる雷オヤジと化してしまったかのようで、何ら具体的なアドバイスを選手達に与えているようには思えません。そして優秀なコーチとして信じていた石井バッティングコーチーと河田守備走塁コーチにも疑念の目を持ち始めています。

 

一向に上がっていかないチーム打率に 失策数の多いザルのような守備を見せられてしまうと、本当にコーチとしての仕事を全うしているのか甚だ疑問に感じます。 田畑投手コーチに関しては もはや論外の域で、直ちに更迭するべきではないでしょうか…。とにかく、全てがジャイアンツとは正反対に推移してしまったかのような今のスワローズでありますが、それでもジャイアンツ以外の4球団が相手なら まだまだ勝負になると思っています。

 

強いジャイアンツに他球団が束になって挑む図式こそ、これぞ本来のプロ野球人気の礎です。ある意味 強いジャイアンツの復活は、プロ野球ファンとしては喜ばしいことなのかもしれません。とりあえずスワローズは、クライマックス圏内の3位を目指して戦ってもらうしかありませんが、今の首脳陣の下では そんな淡い期待も薄らいでいく一方です。

 

 

 

 

 


ウィンブルドンテニス・・・

先日、久々に錦織選手の試合をテレビで観戦しました。ここ数年では一番絶好調の状態かもしれません。何しろ、ここまで1セットも落とさずに勝ち進んでいるのです。そして今日勝てばベスト8進出…。無差別級のテニスにおいて、やはり錦織選手の活躍は凄まじいものを感じる次第です。しかしながら、間違いなくグランドスラム大会では優勝することが無理と分かってしまうと、どうしても素直に応援する気にはならないのです。

 

この心境は、チャンスの場面で絶望的に弱い燕の山田に抱く感情とよく似ています。我々ファンの期待を数年以上に渡り 常に裏切ってくれる錦織選手や山田選手は、確かにスターなのかもしれませんが 決してスーパースターとは思えません。おそらく、錦織選手は今夜も勝ってベスト8に進出することでしょう…。そして次のフェデラー戦では確実に負ける姿が目に浮かんできます。5〜6年前であれば、グランドスラム大会が開催されると 毎日がドキドキの日々だったのですが…。

 

その当時のブログでも 熱く錦織選手を語っていたものです。とにかく今大会も、おそらくジョコビッチ、ナダル、フェデラーの中から優勝者が出ることになります。それにしても、ここ10年近く ほぼ優勝メンバーが固定されている男子テニス界って果たして進歩しているのでしょうかね? まあ、スポーツ界の神様が2人も存在(ナダル、フェデラー)すれば、それも致し方ない事なのでしょうが…。

 

ようするに、必ず負けることが分かっている選手を素直に応援する気にはならないということです。これは、今現在のスワローズにも言えることなんですけどね…。果たして今夜はどんな負け方をするのでしょう? どんどん卑屈になっていく 自分を感じている今日この頃であります。

 

JUGEMテーマ:錦織 圭


英断・・・

今、日本の格闘技界が盛り上がっています。ボクシングの井上尚弥選手は別格として、キックボクシングでは武尊、那須川天心、武居といった軽量級の選手の他、総合では堀口恭二という世界レベルの選手が存在します。さらに総合では現在スター候補1と見られるている、朝倉未来(みくる)といった魅力的な選手も出てきました。

 

もう30年以上、日本の格闘技界を注目してきましたが、これほど世界的に通用する逸材が揃っている時代はちょっと記憶にありません。ひとつ残念に思うのは、どれも重量級の有望選手が誰一人として名前に挙がって来ないという事実…。何で日本人の強い格闘家は小粒の選手ばかりなのでしょう? 朝倉未来に関しては、65キロ前後のクラスなので小粒とは言えませんが、まだ世界レベルにまでは届いていません。

 

やはり子供の頃、小さい身体であるほど強くなりたいという願望が強くて格闘技を習うのか? その点は定かではありませんが、主に階級別として行われる格闘技の世界では、やはりクラスが重ければ重いほど世界的に認められる傾向にあります。そんな中、クラスの軽い井上尚弥選手が、ボクシングのパウンドフォーパウンドで世界4位(リング誌認定)に選ばれたことは まさに快挙としか言いようがありません…。これほど強い日本人ボクサーは、おそらく今後も出てくることはないものと思われます。

 

ただ格闘技ファンとしては、せめて70キロ以上のクラスで活躍する日本人選手が出てきてくれることを強く望んでおりますが、それが難しいなら せめて今キックボクシング界では誰が一番強いのかを示してもらいたいものです。幸いにして武尊、天心、武居にしても階級的には合わせられるクラスにいます。当ブログでは、再三再四に渡り 武尊VS天心戦の実現を切望してまいりましたが、ここに来て武居選手の実力も 先の2人に迫るものを感じます。

 

先日のK-1を見ると もしかして武尊、天心より強いかもしれません。もし この3人で総当たり戦でもしてくれたら、日本格闘技界史上、最大のイベントになると思うのですが…。いつまで大人の事情を言い訳にして、我々格闘技ファンを悶々とさせるつもりでしょうか? 団体の垣根を取っ払うタイミングとしては今が絶好のチャンスのはずです。是非とも各団体(特にK-1)の責任者には大英断を求めるしかありません…。

 

JUGEMテーマ:格闘技全般

 

 

 


交流戦終了・・・

プロ野球の交流戦が昨日で終了しました…。結局、燕はパリーグ球団を相手に全て1勝2敗という誠に情けない結果でフィニッシュ。借金もついに16まで膨れ上がり、応援するリミットとして設定した20の借金まであと4つ…。これも時間の問題かと思われます。覇気のない山田のプレーを見たりすると、来年国内FA権を取得するので 何処かの金満球団に行く気満々のように感じられます。

 

いくら優秀なコーチを招聘しても、実際にプレーする選手らがクズばかりでは どうにもならない事を痛感するシーズンでした。燕ファンにとって、今シーズンの希望は もはや村上選手の活躍だけと言っても過言ではない状況となってしまいました。そして、これだけ負け続けても 一切責任を取ろうとない監督にも不信感が募ります。

 

世の中の全ての不幸が、まるで乗り移ってるかのような不幸面の小川を見ると嫌悪感しか抱けません。投手コーチの田畑に関しては、もう論外です。即刻シーズン途中で解雇してもらいたい…。まあ、色々と愚痴を言っても仕方がないのですが、そもそも こんな弱小球団のファンを約43年間も続けている自分自身に腹が立っているのかもしれませんね…。

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM