昔のお話・・・

先日、22年前に私が売った不動産の査定に出掛けてきました…。その不動産の売主である お客様は、ここ10年当社がお世話になっている税理士の先生宅です。驚くほど綺麗な状態に保たれている外観や室内を見て、これまで本当に大切に住んでこられたのかが良く分かる状態でした…。当時の私はというと、不動産歴7年とはいえ まだまだヒヨッ子で細かなミスも多く、かなり先生にもご迷惑をお掛けした印象が残っています。

 

当時の契約書類を見ても、かなりアバウトな内容で今さらながら時代の流れを痛感した次第です。それにしても 築10年ぐらいでボロボロになる家もあれば、今回のように築22年でも綺麗な状態に保てている家もあるわけです。いかに普段からの家の手入れが 大切であるのかを改めて思い知らされました…。そこで ふと頭に浮かんできたのは、私が昔 売ってきた家は今どんな状態なのか?という事でした。お節介ではありますが、より多くの家が良好な状態で保たれていることを願うばかりです…。

 

JUGEMテーマ:仕事のこと

 


踏み間違え・・・

今世の中では、高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違え事故が多発しています。おそらく多くの方は、何で踏み間違えるのだろう?と疑問に感じているのではないでしょうか。もちろん私もそう思います。しかし、運転の際 アクセルとブレーキの場所を妙に意識してしまうと、微妙に頭がついていかない感覚に陥ってしまうのは私ぐらいでしょうか❓

 

普段は全く無意識に運転しているのが、度重なる踏み間違え事故の報道を目にすることによって 何気に意識してしまうのです。50代の私がそうなのですから、これが70代、80代の高齢者となれば あながちマンザラではないのかもしれません。週イチぐらいの少ないペースで運転する高齢者であれば尚更です。

 

これがオートマではなく、昔のクラッチタイプの車両であれば こんな事故も減るのでしょうが…。今後、自動運転の車が普及していっても、またそれによる新たな事故が増える可能性があると思っています。そう考えてしまうと、まさに時代と逆行してしまいますが、自家用車に限っては昔ながらのクラッチタイプに戻した方が安全だったりして…。運転免許を取得するハードルも上がりますしね。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

 


全仏オープンテニス・・・

テニスの全仏オープンで錦織選手はベスト8に進出しました…。でも、次の対戦相手は神様ナダル。ほぼ100%の確率で錦織選手は負ける事になるわけです。ここ10年の間、心の底から錦織選手を応援していた時期もありましたが、グランドスラムやマスターズ1000の大会では決して優勝が出来ないことを悟った以降、おかげ様で無駄な夜更かしや早起きは一切しなくなりました。

 

それでも錦織選手の人気は今だに健在なのでしょうか? これだけ期待を裏切るスポーツ選手は他にいないと思うのですが…。ただ、格下の世界ランカーが相手となると、なぜか驚異的な粘りで逆転勝ちをする錦織選手の姿に我々はつい感動してしまうのです。でも、もう騙されることはありません。今日にしても、あっさりナダル相手にストレート負けする姿が目に浮かんできます。

 

予想に反する結果を出して 人々を驚かすのが真のスーパースターだと思うのですが、どうも錦織選手にはカリスマ性が感じられないのが残念でなりません。それでも同じ日本人として、今日は世間を驚かす大きな奇跡を見せてほしい気持ちが微かに残っているのは確かです…。

 

JUGEMテーマ:錦織 圭


悪夢・・・

ここに来て、まさかの11連敗…。シャレになっていないと言うのは、まさに この事じゃないでしょうか。打てば守れない、守ると打てない、チャンスの場面では打てないのに どうでも良い場面では打つ、逆にここぞという場面では必ず打たれ どうでも良い場面では何となく抑える…。完全にチームの歯車が大きく狂ってしまったのです。

 

当ブログ内 4月15日に投稿した 私のセリーグ順位予想は早々に撤回させて頂きます。当時、上から目線でカープやタイガースを見下していた自分が本当に恥ずかしい…。しかしながら 今のカープの大躍進やタイガースの頑張りを誰が予想出来たでしょうか❓ 何より燕の11連敗なんて全く頭になかったことで 今だに信じられないでいます。

 

とにかく昨日の敗戦によって、ついに怒りの頂点を通り越してしまったのは勿論、どうやら呆れ果てる事すら出来なくなってしまったようです。もう しばらくプロ野球は見ません。当ブログのネタにしても 他の内容を考えなければいけませんね…。まあ、週イチ更新にした事によって 書きたいことは幸い沢山あります。燕の11連敗は、逆に当ブログのワンパターン化を防ぐ良いキッカケになったのかもしれません。

 

 

 

 

 


WBSS・・・

今朝は頑張って5時起き…。もちろん井上尚弥選手のWBSSボクシングの準決勝を見るためだったのですが、もう笑っちゃうぐらいの強さを見せつけてくれて言葉が見つかりません。もしかして、現代ボクサーの最高峰と言われるワシル・ロマチェンコ選手にも肩を並べてしまうぐらいの実力をつけてしまったのでしょうか…。

 

対戦相手のロドリゲス選手だって正真正銘の現役世界チャンピオン、しかも無敗ときています。1ラウンド終了時には、さすがの井上選手も苦戦しているな…と心配する展開だったのですが、いざ2ラウンドが開始されると圧倒的なパフォーマンスでロドリゲス選手を一蹴、そして見事に相手の戦意を喪失させるTKO勝利!

 

計3度も倒されたロドリゲス選手が、2度目のダウンで恐怖に引きつったような表情が何とも印象的でした。今日、井上選手が勝ったことによって、決勝の相手は親日家で知られる5階級制覇のドネア選手となります。さすがに全盛期は過ぎたとはいえ、強烈な左フックはまだまだ健在。とは言っても、今の井上選手の敵ではないと思われます。

 

ドネアのファンでもある私としては、井上選手にボコボコにされるドネアは正直見たくはないのですが…。いずれにせよ、今日の衝撃的な勝利によって、パウンドフォーパウンドのランキングが上昇することは確実です。現在6位にランクインしている井上選手ですが、一気に3位以内に入ってしまうかもしれません。本当に井上選手は日本人の誇りです。

 

それに引きかえ、燕の不甲斐ない戦い振りには呆れ果てるばかり…。昨日で4連敗、もし今日も負けたら このままズルズルと連敗街道まっしぐらと予想します。今後、井上選手も数億円稼ぐスポーツ選手となるのでしょうが、現時点では燕の不甲斐ないスター選手らの方が年俸が高いのです。それを考えるだけでイライラしてしまうのは私ぐらいでしょうかね…。

 

JUGEMテーマ:ボクシング


村上効果・・・

つくづく燕は村上選手を獲っておいて良かった…。坂口、青木、山田、バレンティンといった飛車角金銀の主力選手が離脱している中、燕の若手選手は村上選手の活躍に引っ張られるかのように生き生きとプレーしてくれています。これぞ村上効果といったところでしょうか…。現在の燕は、この19歳の若武者によってチーム全体が盛り上っているといっても過言ではありません。

 

彼はセリーグはおろか、日本プロ野球界のスーパースターになる逸材なのです。グランドでの立ち振る舞い、バッターボックス内でのオーラ、塁に出た時の集中力、どれも一級品かと思われます。まだ守備に関しては かなりの不安要素を波乱でいますが、開幕当初に比べれば格段に上達していることが分かります。日々確実に成長している姿を我々ファンに見せてくれているのは本当に凄い…。

 

学習能力に欠如した燕選手が多い中、村上選手は頭脳も一級品なのかもしれませんね…。これで主力選手が次々と戻ってきたら、燕が上昇気流に乗る確率はかなり高くなるはず。とにかく飛車角金銀抜きで、ジャイアンツとの3連戦を勝ち越した意義は非常に大きいのです。この今の勢いが、明日からのカープ戦でも果たして通用するか否か❓ 今から とても待ち切れない気分でいます。

 

 

 


大切なゲーム・・・

最下位予想のタイガースが予想に反し頑張っています。ここに来て投手力が充実してきてる他、弱いと思われた打撃陣が滅法チャンスに強くなっています…。ベンチにしても、矢野監督に代わったことで とても明るくなっているのが分かります。投手が有利とされる夏場前に貯金を増やすことが出来れば、もしかしてタイガースのAクラスも有り得るかもしれません…。

 

一方の燕は、坂口選手の離脱に続き 主砲バレンティンの離脱、さらには守護神の石山投手まで離脱するといった まさに緊急の事態…。令和になって最初の正念場を迎えようとしています。ここまで12連戦中、10戦を消化して6勝4敗と勝ち越し中ではありますが、いつカープやDeNAのような大型連敗に入る可能性だって十分に考えられるわけです。

 

現在、セリーグの中で大型連敗する可能性が一番低いのはジャイアンツぐらい…。かと言って、ジャイアンツが独走する気配は今だなし。とにかく燕としては、坂口、バレンティン、石山が戻ってくるまで、チーム一丸のスクランブル体制で今の勝率5割以上をキープすることが今後の試金石となることは間違いないところ…。

 

そんな事で、今日のゲームは燕にとっても タイガースにとっても非常に大切なゲームになるかと思われます。どちらも絶対に落としたくないゲームのはず…。そんな大切なゲームを、今夜は実際に神宮球場まで行って応援してきます。是非とも原投手の快投、村上選手のホームランを今から期待しています…。

 

 

 

 

 


まさかの展開・・・

まさかのDeNA10連敗、逆にカープは怒涛の8連勝で 一気に上位へと食い込んできました…。早くも私の順位予想が大きく狂ってしまいそうです。そんな中、燕は何とか2位をキープしながら踏ん張っております。一昨日から地獄の12連戦がスタートしましたが、この長期連戦を勝率5割で乗り切ることが まずは大前提と考えています。

 

先日のゲームでは 憎き菅野を打ち崩してくれましたが、次のゲームでは あっさりカープに完封負け…。よく打線は水物と言われておりますが、燕打線に限っては 特にその兆候が見受けられます。さらに青木が打つ日は勝利する確率が高く、逆に青木が打てない日は負けの確率が高いのも気になるところ…。このチームは いつまで37歳の青木に おんぶにダッコしていくつもりでしょうか。

 

万一、青木が怪我でもして 戦線離脱したらと思うとゾッとします。山田あたりが若きリーダーとして、チームを引っ張ってくれたら良いのですが、マイペースの彼にそれを望むのも難しそうです。ここ当分は、青木のチームとして戦っていくしか術がないのは少々辛いところではあります。何はともあれ、ペナントレースは まだまだ序盤 !

 

しばらくセリーグは 特にダンゴ状態が続くと思われるので、とにかく燕は借金をつくらぬよう 勝率5割以上を このままキープしていってもらいたいものです。ちなみに当社は 明日から5月6日(月)までお休みとさせて頂きますが、どうか7日(火)の日は 気分良く出勤出来ることを願っております…。

 

 

 


首位攻防戦・・・

さて、今日から燕はジャイアンツとの首位攻防戦・・・。ジャイアンツは この3連戦で、菅野と山口という2枚看板を先発投手として起用させるとの事…。一気に燕を3タテしようという意気込みが感じられます。その一方、燕の先発投手は原樹理とブキャナン、そして3戦目は今シーズン初先発のスアレスとなります。

 

まだまだペナントレースは序盤ではありますが、燕にとっては最初の踏ん張り時かもしれません…。もし今夜、燕投手陣で一番安定感のある原樹理で落とすような事があれば、ジャイアンツの目論み通り 3タテを食らってしまう確率は かなり高くなってしまいそうです。どうも先日のタイガース戦あたりから、燕のリズムが狂い出しているのが気になって仕方ありません。

 

ちなみに他のカードにも注目たいと思います。復活傾向が見えるカープと好調ドラゴンズとの上り調子対決、只今どん底状態のタイガースとラミレス采配に影が見え始めたベイスターズとのドロ沼対決・・・。結構見応えがある 各々の対戦かと思われます。しかしながら、何はともあれ やはりセリーグでは燕とジャイアンツとの戦いに勝るカードはありません。

 

とにかく憎き菅野を是非とも打ち崩してほしい・・・。あのニヤケ面は許せない! もし菅野に黒星をつけさせたら、あとの2戦は負けても納得したいと思います。そう考えると、今日明日のゲームより 木曜日の3戦目の方に目が向いてしまっています。願わくは1勝1敗で その日を迎えられたら良いのですが…。果たして結果はいかに❓

 


燕強し・・・

プロ野球のペナントレースですが、昨日でひと回りの対戦が終わりました・・・。ここまでのセリーグは予想に反してカープの大低迷、そして燕の大躍進が目立った展開となっています。さて、各球団の戦力分析でありますが、あくまでも燕との対戦で怖いと感じた打線は、DeNA、ドラゴンズ、ジャイアンツの3球団…。とにかくよく打ちます。打線に関しては、燕も含んだ この4球団が同一レベルに並んでいるといった印象を持ちました。

 

タイガースの打線に関しては論外といった感じで、何か緊急対策を講じない限り このまま低打率で推移していってしまいそうです。カープの場合、今が単に底なだけで きっと打線は今後活発になってくると睨んでいます。次にセリーグの投手力に目を向ければ、先発陣の安定感はDeNAが一歩リードしているようですが、中継ぎ陣の安定感となると燕が今のところ断トツです。ただ、投手力に関しては、今は低迷しているタイガースが 今後必ず巻き返してくるものと思われます。

 

次に各球団の首脳陣を比べてみると、これも断トツで燕のコーチ陣が群を抜いて優秀ではないでしょうか・・・。鬼軍曹で理論がしっかりしている宮本ヘッド、カープの黄金期をつくり上げた 石井打撃コーチと河田守備走塁コーチが2年連続で指導しているのです。弱くなるはずがありません。ちなみにカープの佐々岡ピッチングコーチの、あのダラシナイ体型はいかがなものでしょう? もしかして病気なら仕方ありませんが、それ以外なら あきらかに自己管理の欠如としか言いようがありません。

 

ドラゴンズの与田監督に関しては ドッシリ構えている感じがして、采配も的確な印象を持ちました。ジャイアンツの原監督は相変わらずの安定感を醸し出しております。DeNAは三浦ピッチングコーチの加入で、随分と投手陣が引き締まった印象です。タイガースの矢野監督でありますが、個人的には好きな監督なので頑張ってほしいのですが、何しろコーチ陣に難があるのは明らかであります。打撃コーチに濱中と平野って どういう意図 ?  一向にタイガースの打撃陣が良くなっていく気配が感じないのは私ぐらいでしょうか?

 

最後に今シーズン セリーグの順位予想でありますが、やはり願望も込めて優勝は燕とさせて頂き、2位DeNA、3位ジャイアンツ、4位ドラゴンズ、5位カープ、6位タイガースが私の予想です。やはり最終的には、打撃の良いチームが上位に来るのではないでしょうか・・・。いくら投手陣が良くても、それだけでは必ず限界があるというのが私の持論であります。明日から対戦カードが ふた回りを迎えますが、特にカープとタイガースの戦い方に注目しています・・・。

 

 

 

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
足元をバッチリ決めましょう !
大変お得な楽天カード!
お宝グッズの情報満載!
主婦の方々必見です !
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM